空に涙がある限り

この曲の表示回数 4,061
歌手:

楠瀬誠志郎


作詞:

朝水彼方


作曲:

楠瀬誠志郎


若すぎる眠りだと誰もが泣いた
何もしてやれなかった 悔やんでみても
話しかけて答えはなく

そんな失う者の悲しみを
鳥は歌わずいられない
空に涙がある限り
迷いつづけるどこまでも

残されたこの無力 戦う月日
上を向ける力を取り戻すまでは
這い上がってまた落ちても

いつか光の差すその道へと
はばたかずにはいられない
空に涙がある限り
虹はやがて生まれるだろう

愛する者の幸せを
鳥は歌わずいられない
空に涙がある限り
人を潤してゆくだろう

夢に続きがある限り
想う心がある限り
空に涙がある限り
虹はやがて生まれるだろう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:空に涙がある限り 歌手:楠瀬誠志郎

楠瀬誠志郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-11-05
商品番号:BZCS-1007
ベルウッドレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP