命の花

この曲の表示回数 18,337
歌手:

大月みやこ


作詞:

斉藤夕紀


作曲:

船村徹


このままおそばにおいて下さい
冷(つ)めたすぎます夜の風
尽(つく)す事さえ許されず
たとえこの世で添えぬとも
ついて行きたい あなたとならば

わかっていました今日(きょう)の別れは
心残りの宵化粧(よいげしょう)
義理に裂かれた二人でも
揺れる心を道づれに
生きて見せます 力の限り

も一度だけでも 巡(めぐ)り逢(あ)えたら
ともに手を取り暮らしたい
春の湯島(ゆしま)に散る梅の
香り届かぬはかなさを
泣けば枯れます 命(いのち)の花(はな)が
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:命の花 歌手:大月みやこ

大月みやこの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-09-03
商品番号:KICX-2901
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP