白い足跡

この曲の表示回数 8,710
歌手:

Plastic Tree


作詞:

長谷川正


作曲:

長谷川正


窓辺にはため息でガラスを曇らせた君
ひんやりと時間だけ部屋に流れて
すまし顔冬の夜白くやさしい雪は降る
悲しみは美しくこころに積もった

騒いだ胸の意味さえ忘れてゆくから
淋しく笑う横顔ぼんやり見つめた

月も無い夜だけど光りは消えたりしないね
深い森迷い込む足元照らすよ
すまし顔冬の夜白くやさしい雪は降る
知り過ぎた僕達を許してくように

振り向いても足跡はもう見えないから
帰り道が分らないこのまま消えそうで

ポケットに滑りこむ君の手は温かくて
何一つ変わらずにいて欲しい気がした

騒いだ胸の意味さえ忘れてゆくから
淋しく笑う横顔見つめた
振り向いても足跡はもう見えないから
戻れなくなる僕らはこのまま消えそうで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:白い足跡 歌手:Plastic Tree

Plastic Treeの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-09-05
商品番号:UPCH-9339
UNIVERSAL J(P)(M)

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP