露地しぐれ

この曲の表示回数 9,249
歌手:

梓夕子


作詞:

木下龍太郎


作曲:

宮下健治


「ここから先は 女通れぬ男道。黙って来た道
戻ってくれ。無理は言いっこなしだ。」

借りたままでは 済まない義理の
命かけての 恩返し
叱りつけても 相合傘で
送るお前の 切なさが
雨になったか 露地しぐれ

つらい座敷の 酔いどれ客を
逃げて来たのか 乱(みだ)れ裾(すそ)
何も言わずに 入って行けと
送り届けた 雨の夜の
傘が二人の 縁結び

もしもこのまま 戻れぬときは
次と言う世で 水入らず
差して帰れと 譲った傘を
捨ててお前は 濡れねずみ
ひとり見送る 露地しぐれ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:露地しぐれ 歌手:梓夕子

梓夕子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-06-04
商品番号:TKCA-90274
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP