OTOME

この曲の表示回数 7,006
歌手:

渚ようこ


作詞:

阿久悠


作曲:

宇崎竜童


名も知らぬ 可憐な乙女
人気(ひとけ)なきを見定め
さらさらのドレスを脱ぐ
季節は夏 時刻(とき)は昼さがり
眩しい光に 白砂(しらすな)が煌(きら)めき
桃色の乙女の肌が
海へと走る

波と戯れて 水に浮かび
小さき乳房 陽(ひ)にさらして
うつらうつら 乙女は眠る

ああ ああ
なんていい景色
ああ ああ
なんてこの世はしあわせ
ああ ああ
なんていい景色
ああ ああ
なんてこの世はしあわせ

察するに 男を知らず
胸の中 焦(こ)がして
あこがれを覚えるのみ
季節は夏 時刻(とき)は夕まぐれ
緑のそよ風 波の上(え)を揺らして
突然恥じらう乙女
丘へと急ぐ

砂に膝をつき 髪を梳(と)かし
色づく乳首 掌(て)にて隠し
うららうらら 乙女は歌う

ああ ああ
なんていい景色
ああ ああ
なんてこの世はしあわせ
ああ ああ
なんていい景色
ああ ああ
なんてこの世はしあわせ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:OTOME 歌手:渚ようこ

渚ようこの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-07-23
商品番号:TECG-30016
タクミノート

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP