世迷い言

この曲の表示回数 8,300
歌手:

渚ようこ


作詞:

阿久悠


作曲:

中島みゆき


窓打つ木枯し みぞれがまじる
デジタル時計がカタリと変る
もしや あんたが帰って来たのかと
ベッドをおりたら出るくしゃみ

変なくせだよ
男にふられたその後は
なぜだかきまって風邪をひく
真夜中 世の中 世迷(よま)い言(ごと)
上から読んでも下から読んでも
ヨノナカバカナノヨ

蜜柑(みかん)をむく指 黄色く染まる
忘れたマニキュアはがれて落ちる
とても あんたにゃついて行けないわと
無理して笑えば出るくしゃみ

いやなくせだよ
せいせいしている筈なのに
背中を寒気が駆けぬける
真夜中 世の中 世迷(よま)い言(ごと)
上から読んでも下から読んでも
ヨノナカバカナノヨ

変なくせだよ
男にふられたその後は
なぜだかきまって風邪をひく
真夜中 世の中 世迷(よま)い言(ごと)
上から読んでも下から読んでも
ヨノナカバカナノヨ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:世迷い言 歌手:渚ようこ

渚ようこの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-07-23
商品番号:TECG-30016
タクミノート

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP