静夜曲

この曲の表示回数 8,809
歌手:

元ちとせ


作詞:

岡本定義


作曲:

坂本龍一


一緒に登ったこの坂を
今夜は独りで登ります

初めて覚えたあの唄を
何度も何度も 口遊(くちずさ)み

遠く遠く揺れている
遥か彼方 光ってる

嗚呼 やわらかな漁火(いさりび)のように
胸に灯る母の声

名前を呼ばれて振り返る
悪戯(いたずら)が過ぎて叱られた

涙が乾いたその後で
大きな大きなかたぐるま

深く深く残ってる
高い空を覚えてる

嗚呼 静かなる十六夜(いざよい)の月に
凛と映る父の顔

嗚呼 やわらかな漁火(いさりび)のように
胸に灯る母の声
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:静夜曲 歌手:元ちとせ

元ちとせの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-07-16
商品番号:ESCL-3090
エピックレコードジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP