試聴する

ふたば(feat.NiNELiVES)

この曲の表示回数 4,395
歌手:

Soul Camp


作詞:

半蔵


作曲:

Soul Camp


僕を 誰も振り返ることもなく
誰も 褒めてくれるわけでもなく
ただこの空へ ずっと両手をかざして
大きなこの木陰で 木漏れ日を待ってる

この日も僕には日の光りは差さずに ずっと遠くで
憧れ抱いた花たちが 風に揺れる
僕はゆっくり根を伸ばすよ 時来るまで
精一杯葉を広げて 何度でも立ち上がって 光に向かって

真っ直ぐに 真っ直ぐに 僕らはゆっくり伸びてく
それぞれに それぞれに 形は違うけれど
同じ風に吹かれながら 空見上げ 願う いつも
真っ直ぐに 真っ直ぐに 僕らは根をはり生きてく
踏まれても 踏まれても 光差す方へ
どんな日もあきらめず きらめく 陽だまりを想う
木陰に僕は強く生きるだろう 光りを浴びるその日まで

辛い 日々でも“土”はずっと味方さ
弱音 吐くと下で『頑張れよ!』って
こんな僕でも ちゃんと愛されてんだ
もう泣かない 僕だけ周りと違ったって

そうさ僕は一人じゃない 隣の木の木陰で
同じように光へ向かう 仲間を知る
今日もゆっくり根を伸ばそう 時来るまで
精一杯葉を広げて 何度でも立ち上がって 僕は僕らしく

真っ直ぐに 真っ直ぐに 僕らはゆっくり伸びてく
それぞれに それぞれに 形は違うけれど
同じ風に吹かれながら 空見上げ 願う いつも
真っ直ぐに 真っ直ぐに 僕らは根をはり生きてく
踏まれても 踏まれても 光差す方へ
どんな日もあきらめず きらめく 陽だまりを想う
木陰に僕は強く生きるだろう 光りを目指してその手を広げて

真っ直ぐに 真っ直ぐに 僕らはゆっくり伸びてく
それぞれに それぞれに 形は違うけれど
同じ風に吹かれながら 空見上げ 願う いつも
真っ直ぐに 真っ直ぐに 僕らは根をはり生きてく
踏まれても 踏まれても 光差す方へ
どんな日もあきらめず きらめく 陽だまりを想う
木陰に僕は強く生きるだろう 明日も強く生きるだろう
あきらめないよ 手を広げ その光りが照らす 温かい場所へ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ふたば(feat.NiNELiVES) 歌手:Soul Camp

Soul Campの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-07-09
商品番号:WPCL-10482
Warner Music Japan =music=

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP