嵐の明日

この曲の表示回数 10,492

なぜ つかのまだという気がする
愛はうまく早く流れているのに
なぜ 怖れが心をかすめるのだろう
君は変わらずほほえんでいるのに

おじけづくと愛はそがれ
もろくゆがんでしまう あの日のように
でも君といると たとえ明日が嵐でも

なぜ 寒さがいつもつきまとうのだろう
冷えきった手を包む君がいても
なぜ 不安が胸がよぎっていくのだろう
かすかにみえる晴れ間はあるというのに

君の髪に月光がかかり
流れおちる涙をうけとめる
ずっと君といるよ たとえ明日が嵐でも

涙をこらえ雨の中ささえてる
愛はつらく長い旅だとしても
たどりつけるさ 二人の明日は嵐でも
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:嵐の明日 歌手:KAI FIVE

KAI FIVEの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-06-02
商品番号:PCCA-00445
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP