試聴する

幸せと書いた手紙

この曲の表示回数 6,314
歌手:

THE BOOM


作詞:

宮沢和史


作曲:

宮沢和史


二百歩 歩けば いつものあの風呂屋
待ちきれず渡る線路

電信柱を ゆさぶる北風が
二人の手を結ばせる

笑いとばしているうちに 悲しみは去ってく
そんな僕の口ぐせに うなずいては泣いた

いつか結ばれると信じてた
春が来ると信じてた
涙こらえ出て行った あの日

小骨が ちょこんとつかえた この心
「幸せ?」と聞いた手紙

背中に積もった雪にも気づかずに
肩を抱いた高円寺

屋台の親父の話にのせられて
仲直りしては帰る

笑いそびれているうちに 幸せは去ってく
そんな星のいたずらに うなずいては泣いた

いつか迎えに来てねと 言った
忘れないでねと 言った
涙こらえ手を振った あの日

小骨が ちょこんとつかえた この心
「幸せ」と書いた手紙
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:幸せと書いた手紙 歌手:THE BOOM

THE BOOMの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-03-21
商品番号:SRCL-3768
ソニー・ミュージックレコーズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP