試聴する

北の舟唄

この曲の表示回数 11,238
歌手:

伍代夏子


作詞:

たきのえいじ


作曲:

弦哲也


山背(やませ)が吠えて 海鳴りなけば
船は港で 待ちぼうけ
やん衆かもめは 浜居酒屋で
夜毎(よごと)底なし 酒づかり
いいからさ いいからさ
注がせておくれよ 私にも
一升徳利 呑み干したなら
唄ってあげよか 舟唄を

荒くれ波が 命をけずる
そこがあんたの 夢舞台
辛口無口で ただうなづいて
うなる雨戸を 指でさす
いいからさ いいからさ
その手で私を 抱きしめて
すすけた柱の 暦をちぎり
待ってた分だけ 抱きしめて

いいからさ いいからさ
注がせておくれよ 私にも
一升徳利 呑み干したなら
唄ってあげよか 舟唄を
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:北の舟唄 歌手:伍代夏子

伍代夏子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-10-31
商品番号:SRCL-4394
ソニー・ミュージックレコーズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP