試聴する

夜間飛行

この曲の表示回数 17,448
歌手:

矢沢永吉


作詞:

売野雅勇


作曲:

矢沢永吉


幻(ゆめ)・・・・夜間飛行の 窓辺で見てた
Bay Side 運河で舫る 艀の灯が
今遠去るほど 近づくようさ
この胸軋ませて ぬくもりが・・・・・
YOKO・・・オアシスにも 似た
YOKO・・・純粋な女だった 辛いほど
Alone 捨てられるのは 馴れているけど
手が解けない・・・と 泣き笑顔
YOKO・・・ 心の深みの
YOKO・・・ 氷の砂丘に風が 吹き荒ぶ
YOKO・・・ 迎えに来るよと
YOKO・・・ 俺の虚しい嘘も 見抜いてた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夜間飛行 歌手:矢沢永吉

矢沢永吉の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1989-06-21
商品番号:CT32-5500
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP