試聴する

青の季節

この曲の表示回数 18,928

あの日 二人きり 隣に腰かけて
みつめた シャガールの 五枚のステンドグラスの青

若葉のしずくが 朝日を浴びてきらめき
ぽとりと身を投げて大地に抱かれ それから
小さなせせらぎが生まれるように あなたを愛し
やがてひとつの流れに育ち
空をも映す 大きな河になり
そんなふうに ゆるやかなまま
時は過ぎると信じた青の季節

海辺の仏舎利塔(パゴダ)は 夕陽を受けて輝き
波間の鴎の向こうに虹が架かって
四月の鯨は私を誘う 遠い季節へ
すべての河は海へと流れ
そしてまた空へ帰り くり返す
海辺で待てば きっとあなたの
水の粒と もう一度出会えそうで
いつか私が海に帰ったら
あなたの隣にそっと腰かけて
またはじめから 愛したい
何度でも 何度でも 何度でも
あなたと
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:青の季節 歌手:さだまさし

さだまさしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-06-30
商品番号:FRCA-1122
フォア・レコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP