試聴する

道づれ

この曲の表示回数 18,413
歌手:

椿屋四重奏


作詞:

中田裕二


作曲:

中田裕二


夙に囃されて生き流るまま 袖に忍ばすは空言ばかり
自惚れは短夜に舞い落ちて 其方の手招きに明日を委ねる

けたたましく吠えかかる現風の如きに
怯えながらも胸空かす

過去を剥ぎ取り 次々捨つる
静々降りて 行き着く先は
余す事なく 意を塗りつける
なじかは誰も 解かれぬ運命

汲み取る虚の中の真 不得手と見紛えた罪を
重ね重ねて差し出すも 赤らむ事先覗かす始末

たどたどしく問い掛ける現風の如きに
惑いながらも胸空かす

巳むに巳まれぬ 胸のたぎりを
冷ます言の葉 見当付かず
余す事なく 意を塗りつける
なじかは誰も 解かれぬ運命

過去を剥ぎ取り 次々捨つる
静々降りて 行き着く先は
余の道連れに 今道連れに
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:道づれ 歌手:椿屋四重奏

椿屋四重奏の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-04-21
商品番号:UKDZ-0034
UK.PROJECT

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP