試聴する

男のララバイ

この曲の表示回数 18,487
歌手:

加門亮


作詞:

百音(MONE)


作曲:

森川龍


薔薇のくちづけ かわしながら
おまえを胸に 抱きしめる
五月愛した この季節
眩いばかりの 時間(とき)を過ごしてた

時間(じかん)は止まり 思い出かぞえても
おまえはもう あの空の彼方へ
陽なたの匂い 笑い声 Mm…
遠く聞こえて 今はただ懐かしい
今度生まれて 来るときは
おまえ一人を みつめているよ
ぬぐいきれない この傷(いた)み
いまさら呟く 男のララバイ

風に抱かれて おまえが帰る夕空(そら)
黄昏どき 銀の雨に濡れて
想い出だけじゃ 生きられない Mm…
琥拍の酒に 想い込め火をそそぐ
も一度も一度 もう一度だけ
強く抱きしめ 燃えつきたい
かくしきれない この想い
いまさら呟く 男のララバイ
男のララバイ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:男のララバイ 歌手:加門亮

加門亮の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-03-18
商品番号:TJCH-15234
ホリデージャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP