試聴する

一刹那

この曲の表示回数 12,225
歌手:

椿屋四重奏


作詞:

中田裕二


作曲:

中田裕二


点々と足跡 順風に非ざる 現を零し歩く
銘々の手招き 早々 戻らぬ様子 己んだ幻を追ふて

さすれば問ひを仕舞う 仰げば雨粒手が頬を打つ

行灯を頼りて 恋情にもたれた 尽きて再び灯す

さすれば明後に知らす 病葉 水溜りの一刹那
月下にて顧みた 一刹那

詩歌 切れ切れの盲信を 十重に二十重に庇ふ無様を くゆらすは
白々し御夜に すがる身の程が 粗末な余り

見解く以前に 色褪せ流るゝ 数多の次第を
今更拾ふて 胸に広ぐのか
羽折りし不実に 喘ぐのか
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:一刹那 歌手:椿屋四重奏

椿屋四重奏の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-04-21
商品番号:UKDZ-0034
UK.PROJECT

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP