土曜の午後

この曲の表示回数 6,937
歌手:

つばき


作詞:

一色徳保


作曲:

つばき


陽が少し傾いた土曜の午後は
相変わらず君に会いたくなって

やりかけの宿題を放り投げて
口ずさむメロディーと向かった駅
飛び乗った電車の窓から見えるのは
いつもより色鮮やかな風景

誰かが窓を開けたみたいで
風は春を知らせる匂い
この心を揺らすものは
生温い風じゃない きっとそう

今 君の街へ 僕を乗せて走る
電車はただ この想い乗せて走る

「この想いも氷の様にいつかは溶けて
なくなってしまうの」って笑って言うから
ツギハギだらけのその心に
少しだけ不安になって 霞む風景

赤く染まった街の駅に
髪を揺らす君がいて
そんな不安すら忘れさせる
夕陽に揺れてる 君の瞳

そうさ 見つめ合えば 何もいらないその先は
いつまでも 覚めない夢の中

そして 春の夜にふれて 二人愛し合えば
本当も嘘も こんな歌すら意味はない

君が眠る街は明けて 僕は覚めない夢の中
君の知らない春の歌を 口ずさみ会いに行くよ

陽が少し傾いた土曜の午後は...
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:土曜の午後 歌手:つばき

つばきの新着情報

  • 風向き / ♪かすれた声で叫んでもあなたの
  • 東京の空 / ♪午前五時の夜明け前に僕は
  • ループ / ♪テレビはつけたまま電気も
  • 夢見がち / ♪茶色い髪が似合うあいつは俺を
  • 冬の話 / ♪誰もいない暗い部屋で

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-10-26
商品番号:YRCN-11062
アール・アンド・シー

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP