この曲の表示回数 7,517
歌手:

つばき


作詞:

一色徳保


作曲:

つばき


夢を見て僕は今を生きてる たまに見失う時もあるけど
好きだからそばにいたいから ただそれだけの理由

大人になれば夢を見なくなる 君は言うけど本当だろうか?
そんな事を言う人に限って 夢を持ち続けている

意味の分からない事 言ってごまかしても
モヤモヤしたその気持ちは晴れやしない
恥ずかしがらずに好きだと言って
今 僕と歌ってくれよ

ラララ…

ひとりの夜は考える 小さい悩みも大きくなってく
心が汚れてゆく そんな気がしてしまう

だけど本当は変わってないよ 君は美しいままだから
恥ずかしがらずに好きだと言って
今 僕と歌ってくれよ

ラララ…

ひとりの夜もそばにいようぜ 君と僕の歌を歌おう
ひとりの夜もそばにいようぜ 君と僕の歌を歌おう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夢 歌手:つばき

つばきの新着情報

  • 風向き / ♪かすれた声で叫んでもあなたの
  • 東京の空 / ♪午前五時の夜明け前に僕は
  • ループ / ♪テレビはつけたまま電気も
  • 夢見がち / ♪茶色い髪が似合うあいつは俺を
  • 冬の話 / ♪誰もいない暗い部屋で

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-05-23
商品番号:YRCN-11100
R and C Ltd.

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP