鳥籠の中

この曲の表示回数 13,661
歌手:

島爺


作詞:

修造


作曲:

修造


始まりの合図 空を染めて埋もれて行く過ちも
やがて失くすまで 嘘と踊って耳を塞げばいいだろう
吐いた言葉から滲みだした気まぐれな色さえも
混ざり合わず消えてしまうなら口を閉ざしてしまえよ

過ぎ行く季節 息を止めて
流れる記憶 もう一度
重ねてく青 空を汚した
手にした理想の裏側で

くすんだこの目で見つめた世界はいつも狂っていて
言い訳を探し続けた 誰もいない場所で

知恵比べをしよう 求めるのなら朽ちて行く壁の中
置き去りにされた答えを示せ 言い訳は後で良いだろう

感じた声は遠ざかって行く
思い出せない もう二度と
薄れ行く赤 空を嫌って
その鳥籠に閉じ込めて

汚れたこの手で掴んだ理想はいつも歪んでいて
行き先を求め続けた ただ確かな物は

君が望んだ理想とすれ違ってしまうのなら
この声を置いて行こう 希望の住む場所へ

くすんだこの目で見つめた世界はいつも狂っていて
言い訳を探し続けた この鳥籠の中
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:鳥籠の中 歌手:島爺

島爺の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016/06/22
商品番号:WPCL-12395
ワーナーミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP