東京快晴摂氏零度

この曲の表示回数 6,476
歌手:

eastern youth


作詞:

吉野寿


作曲:

吉野寿


上空一面に広がる真っ白な彫刻が
緩やかなスピードで悠然と去って行く
地上には俺の足音
地上には俺の鼻唄
笑えったって難しいが
苦笑いで見送るぜ

また会おう あばよ さよなら
当て所無いのが似てるな、俺達

そうだな
そうやって瞬間が過ぎて行く
目まぐるしいスピードは心臓のビートなんだろう
摂氏零度に色が弾ける
上り電車が街を引き裂く
澄み渡る冬の風に
右往左往の影と影

また会おう あばよ さよなら
彷徨う様が似てるな、俺達

青と白 赤と黄色
緑色 ねずみ色
ありふれた色でいいんだ
感じたいんだ 心の底の底まで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:東京快晴摂氏零度 歌手:eastern youth

eastern youthの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-03-05
商品番号:KICS-1000
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP