流氷の手紙

この曲の表示回数 13,222
歌手:

城之内早苗


作詞:

秋元康


作曲:

後藤次利


あの日と同じ 便箋に
右上りの文字が
立ち上りながら
思い出を 登るように並ぶ
障子越しに 聞こえる
雪が風に流れて
忘れられぬ思いが
この胸に積る

遠い北のはずれで
手紙を書けば ああ 涙で乾かない
北のはずれで 手紙を書けば
愛が…愛が凍える

あの日の心に封をして
忘却に流せば
瞳の岸辺に流氷が
軋むように泣いた
地図にさえも載らない
錆びた駅のホームに
道案内残して この胸を辿る

白い北の岬に一人佇み
ああ 海鳴り聞きながら
北の岬に一人佇み
涙…涙 凍える

そして消印のない旅に
あの日から戻れない
恋の行方

遠い北のはずれで
手紙を書けば ああ 涙で乾かない
北のはずれで 手紙を書けば
愛が…愛が凍える
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:流氷の手紙 歌手:城之内早苗

城之内早苗の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-11-20
商品番号:MHCL-181
ソニー・ミュージックハウス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP