悲しみの終着駅

この曲の表示回数 26,248
歌手:

森昌子


作詞:

荒木とよひさ


作曲:

浜圭介


幼い頃から あなたのことを
探していたよな 気がします
それは北の港町でも
そして凍てつく冬の岬で…

あゝ 生きてさえいれば
めぐり逢えると
あゝ 涙をぬぐってくれる人に
あなたは 悲しみの終着駅だから

手鏡を見るたび 涙がいつも
似合っていたよな 気がします
それは窓に雪が降る夜
そして海鳴り旅の宿でも…

あゝ あしたにはきっと
春に逢えると
あゝ わたしを支えてくれる人に
あなたは 悲しみの終着駅だから

あゝ 生きてさえいれば
めぐり逢えると
あゝ 涙をぬぐってくれる人に
あなたは 悲しみの終着駅だから
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:悲しみの終着駅 歌手:森昌子

森昌子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-11-19
商品番号:PCCA-00510
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP