アンティーカの歌詞一覧リスト  21曲中 1-21曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
21曲中 1-21曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
秋の終わり、僕の記憶冷たい秋風頬を撫でて去ってゆく この世に平等などないと教えるかのよう  愛が救いだすものなんて 綺麗事だけだと言って どうしようもないこの感情すべて 消して  You and I 交わらぬまま片割れのまま 生き抜けばよかったのか You and I 瞳交わせば走る痛みが 二人を苛んでゆく ah これを恋と呼ぶのならばなんて 残酷で眩しい…想いか  街ゆく馬車へと傅く僕の前 車窓から憂いの目 君は通り過ぎる  そんな関係だったのになんで 宵に紛れ手を繋いだ 滲み出すその表情すべて 欲して  You and I 絶望のなかそう君となら 呼吸を繋ぎ合えた You and I でも分かっていた未来の扉 決して開かないこと ah これを恋と呼ぶのならばなんて 切なくて眩しい…想いか  世界は理不尽で塗れ 今日も回り続ける 例えば輝きが尽きてゆく瞬間を選べないように  You and I 交わらぬまま片割れのまま 生き抜けばよかったのか You and I 瞳交わせば涙の君が 愛の言葉溢した ah じわり迫る終わりが近づいて 生まれ落ちて初めて腑に落ちた これを恋と呼ぶのならばなんて 幸せで眩しい…想いだアンティーカ真崎エリカArmySlick・Giz'Mo(from Jam9)ArmySlick冷たい秋風頬を撫でて去ってゆく この世に平等などないと教えるかのよう  愛が救いだすものなんて 綺麗事だけだと言って どうしようもないこの感情すべて 消して  You and I 交わらぬまま片割れのまま 生き抜けばよかったのか You and I 瞳交わせば走る痛みが 二人を苛んでゆく ah これを恋と呼ぶのならばなんて 残酷で眩しい…想いか  街ゆく馬車へと傅く僕の前 車窓から憂いの目 君は通り過ぎる  そんな関係だったのになんで 宵に紛れ手を繋いだ 滲み出すその表情すべて 欲して  You and I 絶望のなかそう君となら 呼吸を繋ぎ合えた You and I でも分かっていた未来の扉 決して開かないこと ah これを恋と呼ぶのならばなんて 切なくて眩しい…想いか  世界は理不尽で塗れ 今日も回り続ける 例えば輝きが尽きてゆく瞬間を選べないように  You and I 交わらぬまま片割れのまま 生き抜けばよかったのか You and I 瞳交わせば涙の君が 愛の言葉溢した ah じわり迫る終わりが近づいて 生まれ落ちて初めて腑に落ちた これを恋と呼ぶのならばなんて 幸せで眩しい…想いだ
abyss of conflictworld is still muddy today I've poor visibility. everlasting abyss 終わらない深淵 without this conflict, she wouldn't have died また一つ消える ヒカリ  韜晦 ワナ張ってる 擬態 善と悪に したり顔した無惨な正義が  why alive?どうして 人は争い続ける 果てるまで why alive?聞こえた (why alive? oh why alive?) 深海に溶けない ひずんだ悲しみが 手を伸ばしたら 砂で濁ってく 矛盾だらけの世界 どこまでゆくの  world is still muddy today no use worrying about it can't help thinking about it 身動きも取れずに 毎秒とめどなく I wish I were some other creature 無力さを飲み込んでしまう  使い古されたデュアリズム -二元論- その目を睨んだ  cry a lot 奈落で 繰り返される明滅 誰のもの cry a lot 願いを (cry a lot, oh cry a lot) 秘めて抗った 切ない心臓が 喰い荒らされて 空虚な躰 ひそやかな深層へ 沈んでいった  一人 眠って ただ永らえる息がうるさかった 何も 出来ない それでも僕はここにいる  why alive?どうして 人は争い続ける 果てるまで why alive?聞こえた (why alive? oh why alive?) 深海に溶けない ひずんだ悲しみが 消えゆくために 生まれたんじゃない たとえ赫きが一瞬になっても 手を伸ばしたら 砂で濁ってく 矛盾だらけの世界 ヒカリはどこに 答えを探せ  ヒカリはそこにアンティーカ真崎エリカ原田篤(Arte Refact)原田篤world is still muddy today I've poor visibility. everlasting abyss 終わらない深淵 without this conflict, she wouldn't have died また一つ消える ヒカリ  韜晦 ワナ張ってる 擬態 善と悪に したり顔した無惨な正義が  why alive?どうして 人は争い続ける 果てるまで why alive?聞こえた (why alive? oh why alive?) 深海に溶けない ひずんだ悲しみが 手を伸ばしたら 砂で濁ってく 矛盾だらけの世界 どこまでゆくの  world is still muddy today no use worrying about it can't help thinking about it 身動きも取れずに 毎秒とめどなく I wish I were some other creature 無力さを飲み込んでしまう  使い古されたデュアリズム -二元論- その目を睨んだ  cry a lot 奈落で 繰り返される明滅 誰のもの cry a lot 願いを (cry a lot, oh cry a lot) 秘めて抗った 切ない心臓が 喰い荒らされて 空虚な躰 ひそやかな深層へ 沈んでいった  一人 眠って ただ永らえる息がうるさかった 何も 出来ない それでも僕はここにいる  why alive?どうして 人は争い続ける 果てるまで why alive?聞こえた (why alive? oh why alive?) 深海に溶けない ひずんだ悲しみが 消えゆくために 生まれたんじゃない たとえ赫きが一瞬になっても 手を伸ばしたら 砂で濁ってく 矛盾だらけの世界 ヒカリはどこに 答えを探せ  ヒカリはそこに
Unsung Heroes忘れられた古代歴史書 -クロニクル- が(かの伝承より昔) 知っているだけの物語(主人公は unsung heroes)  その時代の Five chivalric orders -団- にも翳り 平和を乱す気配あった  暗躍に気づいた騎士団長 -英雄- たちは(城壁外の崖上) 秘密裏に出会い策練った(この平穏守ると) 騎士団成立 -始まり- から接触は taboo でも彼らは禁を破った  それは悪辣を追放する為に そして悲願叶える為に  手を取り一つに 憎しみ解いて 今はまだ胸の内留まる祈り 悲しい運命を 覆すために 友 -きみ- がいるこの地上で剣を取って生きてゆく  だが事態は破滅へと向かう(血が呼ぶ奈落へ) 小競り合いが遂に一線を超え(覆せない悲劇) 裏で糸引く闇を探しても(尻尾さえ掴めない) “敵討ちを!” “剣には剣を!” と、 正気を逸した声が叫ぶ  剣を交えねば 鎮まらぬ怒り 「我らが代理決闘 -幕引く- しかない」  そして始まった王前の clash of swords 揺れた瞳が 覚悟決め切っ先が光る 一人、また一人 相見え 倒れて… 秘せられた友情 幻になったあの祈り  “英雄、一人でいい” “なぜ貴方もいない…?” 響く裏切り者 -誰か- のラメント 星を失った五つの集団は 激情を悔いて秩序を取り戻した 頁の末尾に、 綴り手の言葉 『また彼ら生まれたら……… 友の隣に立つ -違う- 未来在るように』アンティーカ真崎エリカ原田篤(Arte Refact)原田篤(Arte Refact)忘れられた古代歴史書 -クロニクル- が(かの伝承より昔) 知っているだけの物語(主人公は unsung heroes)  その時代の Five chivalric orders -団- にも翳り 平和を乱す気配あった  暗躍に気づいた騎士団長 -英雄- たちは(城壁外の崖上) 秘密裏に出会い策練った(この平穏守ると) 騎士団成立 -始まり- から接触は taboo でも彼らは禁を破った  それは悪辣を追放する為に そして悲願叶える為に  手を取り一つに 憎しみ解いて 今はまだ胸の内留まる祈り 悲しい運命を 覆すために 友 -きみ- がいるこの地上で剣を取って生きてゆく  だが事態は破滅へと向かう(血が呼ぶ奈落へ) 小競り合いが遂に一線を超え(覆せない悲劇) 裏で糸引く闇を探しても(尻尾さえ掴めない) “敵討ちを!” “剣には剣を!” と、 正気を逸した声が叫ぶ  剣を交えねば 鎮まらぬ怒り 「我らが代理決闘 -幕引く- しかない」  そして始まった王前の clash of swords 揺れた瞳が 覚悟決め切っ先が光る 一人、また一人 相見え 倒れて… 秘せられた友情 幻になったあの祈り  “英雄、一人でいい” “なぜ貴方もいない…?” 響く裏切り者 -誰か- のラメント 星を失った五つの集団は 激情を悔いて秩序を取り戻した 頁の末尾に、 綴り手の言葉 『また彼ら生まれたら……… 友の隣に立つ -違う- 未来在るように』
Ambitious Eve (アンティーカ Ver.)どこまで行けるの 眺めてた 空に飛び込んだあの日から 高鳴ってる (ざわめいてる) 心の光は 消えてない ほら消えない  俯いてたら (寄り添ってるよ) 声と思いが (隣にいるよ) せいいっぱい ぐっと羽ばたけ 夢まで!  ときめきのまま (わたしのまま) 叶えてみよう イメージのなか (未来のなか) 急ごう 君と この翼で (次の空へ) 少しずつ 近づいてきた (そうでしょ?) だから言えるよ (そうだよ!) 今 Ambitious Eve だって!  だれに届くんだろう らしくなく 重力にハートが泣きそうでも 飛びたいよ (負けないよ) 歌う一瞬に 永遠がほらひそんでる  言葉以上に (そばにいたいよ) ダイスキだから (抱きしめたいよ) 伝わっちゃう瞳が言うよ 大丈夫! さあ、遠くまで!  見渡してみよう (感じてみよう) いろんな景色 みんなの気持ち (それはエナジー) 作った今日が また出会いに (色とりどり) つながるの 答え見つけた (そうでしょ?) だから進むよ (そうだよ!) アイコトバ「輝け!」  自分のことも (君のこともね) 分かりかけたら (空色のように) どんどん新しさに向かうよ…そう、夢まで!  ときめきのまま (わたしのまま) 叶えてみよう イメージのなか (未来のなか) 急ごう 君と この翼で (次の空へ) 少しずつ 近づいてゆく (そうでしょ?) だから言えるよ (そうだよ!) 今まさに (ドキドキの) Ambitious Eve なんだ!!アンティーカ真崎エリカ山田智和どこまで行けるの 眺めてた 空に飛び込んだあの日から 高鳴ってる (ざわめいてる) 心の光は 消えてない ほら消えない  俯いてたら (寄り添ってるよ) 声と思いが (隣にいるよ) せいいっぱい ぐっと羽ばたけ 夢まで!  ときめきのまま (わたしのまま) 叶えてみよう イメージのなか (未来のなか) 急ごう 君と この翼で (次の空へ) 少しずつ 近づいてきた (そうでしょ?) だから言えるよ (そうだよ!) 今 Ambitious Eve だって!  だれに届くんだろう らしくなく 重力にハートが泣きそうでも 飛びたいよ (負けないよ) 歌う一瞬に 永遠がほらひそんでる  言葉以上に (そばにいたいよ) ダイスキだから (抱きしめたいよ) 伝わっちゃう瞳が言うよ 大丈夫! さあ、遠くまで!  見渡してみよう (感じてみよう) いろんな景色 みんなの気持ち (それはエナジー) 作った今日が また出会いに (色とりどり) つながるの 答え見つけた (そうでしょ?) だから進むよ (そうだよ!) アイコトバ「輝け!」  自分のことも (君のこともね) 分かりかけたら (空色のように) どんどん新しさに向かうよ…そう、夢まで!  ときめきのまま (わたしのまま) 叶えてみよう イメージのなか (未来のなか) 急ごう 君と この翼で (次の空へ) 少しずつ 近づいてゆく (そうでしょ?) だから言えるよ (そうだよ!) 今まさに (ドキドキの) Ambitious Eve なんだ!!
革命進化論別に本気は変わらない 但し、一段 上げたギア 髪掠めて去った銃弾 悪フザケには迎撃を  強気なフリ? 違ういつもは見せてないだけ 火が点いたら 退路を焚べ 前だけを  照準なら煙の向こう 躊躇いなく機を穿て もう一度 世界が目覚めさせた眼差しで Bring it on 切られ火蓋が 巻き込んだ空 Valhalla 極限 渡り合う その未来を今あげるよ  昨日よりも 一歩 渦中へ 煤けた頬を風さらし 安全圏 抜け出して 傷を作るのなら本望  来るなら来て チェックメイト悪く思わないで 時は加熱 幕が開くの待つように  太陽へと迫って擦れ違う 不可能をギリ躱して この手は運命を操るだろう 得意気に Danger Zone 身を躍らせて 終末を飼い慣らせ 刹那を切り開くためのカギは 渡せないよ  さあ Wow oh oh 次の革命 目撃しなよ Confusion World…  照準なら煙の向こう 躊躇いなく機を穿て もう一度 世界が目覚めさせた眼差しで Bring it on 切られ火蓋が 巻き込んだ空 Valhalla 極限 渡り合う その未来を今あげるよアンティーカ真崎エリカ伊藤和馬(Arte Refact)伊藤和馬別に本気は変わらない 但し、一段 上げたギア 髪掠めて去った銃弾 悪フザケには迎撃を  強気なフリ? 違ういつもは見せてないだけ 火が点いたら 退路を焚べ 前だけを  照準なら煙の向こう 躊躇いなく機を穿て もう一度 世界が目覚めさせた眼差しで Bring it on 切られ火蓋が 巻き込んだ空 Valhalla 極限 渡り合う その未来を今あげるよ  昨日よりも 一歩 渦中へ 煤けた頬を風さらし 安全圏 抜け出して 傷を作るのなら本望  来るなら来て チェックメイト悪く思わないで 時は加熱 幕が開くの待つように  太陽へと迫って擦れ違う 不可能をギリ躱して この手は運命を操るだろう 得意気に Danger Zone 身を躍らせて 終末を飼い慣らせ 刹那を切り開くためのカギは 渡せないよ  さあ Wow oh oh 次の革命 目撃しなよ Confusion World…  照準なら煙の向こう 躊躇いなく機を穿て もう一度 世界が目覚めさせた眼差しで Bring it on 切られ火蓋が 巻き込んだ空 Valhalla 極限 渡り合う その未来を今あげるよ
愚者の独白もうすぐ夜が明ける時間 耳が痛いくらいの静寂 深淵を 立ち去れずいる ずっと 探してる幻影  滲むような笑い方 訳を 聞けずいた迷い 音もなく 蛹から羽化してしまったんだ 君は  幻の空へ この空は続いてるの? 濡れたような 真っ黒い翅 トラジックな出来事 でも涙 まだ君は知らずに 羽ばたいてるでしょう 羽ばたいてて Ah どうか 幸せで  追記の「もしも」は空疎 だけど 空白に問いかけた どうして世界 違ってたの 運命 姿(かたち)のない魔物  ふたりは恋だった 私は傍観者だった いつだってそれでいい 抜け殻にも会えない朝  虚飾のない空は ただ名前を呼んだだけ 嘘つきな街の空が 押し付けた 疎外感 境界線の向こう 夜明けはある? いっそ行きたかった 行けなかった Ah 今日が 始まってく  誰の手もなかったオフィーリア 君の手はあったかい侭 ありますように  幻の空へ この空は続いてるの? 濡れたような 真っ黒い翅 楽園は Dreamy sympathy  悲しみを もう君は知らずに 羽ばたいてるでしょう 羽ばたいてて Ah どうか 幸せでアンティーカ真崎エリカArmySlick・Lauren Kaori佐藤厚仁もうすぐ夜が明ける時間 耳が痛いくらいの静寂 深淵を 立ち去れずいる ずっと 探してる幻影  滲むような笑い方 訳を 聞けずいた迷い 音もなく 蛹から羽化してしまったんだ 君は  幻の空へ この空は続いてるの? 濡れたような 真っ黒い翅 トラジックな出来事 でも涙 まだ君は知らずに 羽ばたいてるでしょう 羽ばたいてて Ah どうか 幸せで  追記の「もしも」は空疎 だけど 空白に問いかけた どうして世界 違ってたの 運命 姿(かたち)のない魔物  ふたりは恋だった 私は傍観者だった いつだってそれでいい 抜け殻にも会えない朝  虚飾のない空は ただ名前を呼んだだけ 嘘つきな街の空が 押し付けた 疎外感 境界線の向こう 夜明けはある? いっそ行きたかった 行けなかった Ah 今日が 始まってく  誰の手もなかったオフィーリア 君の手はあったかい侭 ありますように  幻の空へ この空は続いてるの? 濡れたような 真っ黒い翅 楽園は Dreamy sympathy  悲しみを もう君は知らずに 羽ばたいてるでしょう 羽ばたいてて Ah どうか 幸せで
幻惑SILHOUETTEまるで意思の無い 機械仕掛けのDoll 無口な瞳で 日々をルーティン 立ちふさぐ闇が もしも影絵でも 気づかぬハートは言うだろう It's a My Fate  (No! Realize…Realize…Realize…Real Live!) 壊せ Bias!  揺らめく絶望の本当の姿を見抜いて キミにはまだ知らない 新たなウタ 巡る 世界がある 幻惑のSILHOUETTE 超えて  暗い洞窟の 囚われ Prisoner 壁に映るのは 酷いナイトメア 窮屈な部屋に 不意に届くオト それは旅してる旋律 Flame Grace  (Yes! Realize…Realize…Realize…Real Live!) 穿て Your Heart!  響いたオンガクに誘われ扉を開けば キミはもう分かるはず 今まで 見えなかった 世界のこと 黎明のSYMPHONY 流れ―――  眩しくて鮮やか過ぎるかい? 自由は痛くて苦しい…でも  (Yes! Realize…Realize…Realize…Real Live!) 望め Your Heart!  揺らめく絶望の本当の姿を見抜けば もうすぐ着くだろう 新たなウタ 紡ぐ イデアの声 Allegory of the Cave さあ、希望を迎えに行こう 幻惑のSILHOUETTE 消して!アンティーカ真崎エリカno_myno_myまるで意思の無い 機械仕掛けのDoll 無口な瞳で 日々をルーティン 立ちふさぐ闇が もしも影絵でも 気づかぬハートは言うだろう It's a My Fate  (No! Realize…Realize…Realize…Real Live!) 壊せ Bias!  揺らめく絶望の本当の姿を見抜いて キミにはまだ知らない 新たなウタ 巡る 世界がある 幻惑のSILHOUETTE 超えて  暗い洞窟の 囚われ Prisoner 壁に映るのは 酷いナイトメア 窮屈な部屋に 不意に届くオト それは旅してる旋律 Flame Grace  (Yes! Realize…Realize…Realize…Real Live!) 穿て Your Heart!  響いたオンガクに誘われ扉を開けば キミはもう分かるはず 今まで 見えなかった 世界のこと 黎明のSYMPHONY 流れ―――  眩しくて鮮やか過ぎるかい? 自由は痛くて苦しい…でも  (Yes! Realize…Realize…Realize…Real Live!) 望め Your Heart!  揺らめく絶望の本当の姿を見抜けば もうすぐ着くだろう 新たなウタ 紡ぐ イデアの声 Allegory of the Cave さあ、希望を迎えに行こう 幻惑のSILHOUETTE 消して!
シャイノグラフィ(アンティーカVer.)1st page 鏡を覗いても 自分色なんて 自分じゃ見えない だけど君が走る背中は 君色の羽が羽ばたいてる  何か言いかけていたね (あのとき) たぶん一緒に居るだけじゃダメなんだ (きっと) 君が見るこの背中に 翼が見えるように 行こう  精一杯の先へ 目一杯の未完成で まだ上昇中の Gradation days 世界の彩りにハート開いて 透明から鮮明に 不可能から可能性に この空をキャンバスにして 誰のでもない 瞬間を 新しく記してこう 光空記録(My shinography)  Next page その羽はきっと 光の当たり方で色を変える 君と笑っている私は 幸せそうな色をしていて欲しい  一人でも独りじゃない (いつでも) 思い立って何かを始める時も (どうして) 挫けそうな時もそっと 何かが支えてる ずっと  一直線の流星を 手にギュッと掴む衝動は まだ成長中の Marble color days ふとした寂しさも 振り払っていく パステルより繊細で モノクロームより純粋で プリズムより多彩で 世界に希望を 見せたい シャボン玉色の夢は眠らない  ねえ 最初の色 憶えている? 出会った空の色 一緒だったね (ちぐはぐで) 持っていて (忘れないで) どんな空を飛んでも ずっと…  …ずっと 精一杯の先へ 目一杯の未完成で まだ上昇中の Gradation days 世界の彩りにハート開いて 透明から鮮明に 不可能から可能性に この空をキャンバスにして 誰のでもない 瞬間を 新しく記してこう 光空記録(My shinography) いつまでもアンティーカ古屋真ヒゲドライバーヒゲドライバー1st page 鏡を覗いても 自分色なんて 自分じゃ見えない だけど君が走る背中は 君色の羽が羽ばたいてる  何か言いかけていたね (あのとき) たぶん一緒に居るだけじゃダメなんだ (きっと) 君が見るこの背中に 翼が見えるように 行こう  精一杯の先へ 目一杯の未完成で まだ上昇中の Gradation days 世界の彩りにハート開いて 透明から鮮明に 不可能から可能性に この空をキャンバスにして 誰のでもない 瞬間を 新しく記してこう 光空記録(My shinography)  Next page その羽はきっと 光の当たり方で色を変える 君と笑っている私は 幸せそうな色をしていて欲しい  一人でも独りじゃない (いつでも) 思い立って何かを始める時も (どうして) 挫けそうな時もそっと 何かが支えてる ずっと  一直線の流星を 手にギュッと掴む衝動は まだ成長中の Marble color days ふとした寂しさも 振り払っていく パステルより繊細で モノクロームより純粋で プリズムより多彩で 世界に希望を 見せたい シャボン玉色の夢は眠らない  ねえ 最初の色 憶えている? 出会った空の色 一緒だったね (ちぐはぐで) 持っていて (忘れないで) どんな空を飛んでも ずっと…  …ずっと 精一杯の先へ 目一杯の未完成で まだ上昇中の Gradation days 世界の彩りにハート開いて 透明から鮮明に 不可能から可能性に この空をキャンバスにして 誰のでもない 瞬間を 新しく記してこう 光空記録(My shinography) いつまでも
純白トロイメライRound Round Around… 堂々巡り 信じれば 欺かれる 人間心理 諦めと踊ってる みんな同じでしょ?  ねぇどうか繕わないでいて 隠した嘘のナイフ 突き立てるの待ってるなら 翳しなさい きっと 時は今  「選んでよ」  恋するたび「雨のように」 降るカタストロフィ「花のように」 でも貴方は「悪い子に」 いつも優しくて… 月虹と私「寂しさも」 包み込まれて Remedy 純白に還ってくトロイメライ 響くトロイメライ  No No Dedicate… 疑心暗鬼 繋いでも いつか解れ 一人ぼっち 庭園迷路 すぐまた彷徨うのなら  犠牲ともなう甘やかさ どうして与えるの 期待がまた目覚めてしまう 止まらない 終焉の始まり  「選んだら」  代償はきっと「雨になって」 降り注いでしまう「花になって」 この心を「悪い人」 奪い取ったせいで… ユメ見ていた「寂しさを」 溶かす眩い光に染められ 高鳴り今 White Lie 欲しかった White Lie  反逆するセカイ 真っ黒な羽は 最後の想いごと 真っ白になれる  竦んだ夜を超えて舞い上がる Angel ここから貴方を信じてもいい…?  「選んだよ」  恋するたび「雨のように」 降るカタストロフィ「花のように」 でも貴方と「悪い子は」 空を飛びたくて 月虹と私「寂しさも」 包み込まれて Remedy 純白に還ってくトロイメライ 響くトロイメライアンティーカ真崎エリカ原田篤(Arte Refact)原田篤Round Round Around… 堂々巡り 信じれば 欺かれる 人間心理 諦めと踊ってる みんな同じでしょ?  ねぇどうか繕わないでいて 隠した嘘のナイフ 突き立てるの待ってるなら 翳しなさい きっと 時は今  「選んでよ」  恋するたび「雨のように」 降るカタストロフィ「花のように」 でも貴方は「悪い子に」 いつも優しくて… 月虹と私「寂しさも」 包み込まれて Remedy 純白に還ってくトロイメライ 響くトロイメライ  No No Dedicate… 疑心暗鬼 繋いでも いつか解れ 一人ぼっち 庭園迷路 すぐまた彷徨うのなら  犠牲ともなう甘やかさ どうして与えるの 期待がまた目覚めてしまう 止まらない 終焉の始まり  「選んだら」  代償はきっと「雨になって」 降り注いでしまう「花になって」 この心を「悪い人」 奪い取ったせいで… ユメ見ていた「寂しさを」 溶かす眩い光に染められ 高鳴り今 White Lie 欲しかった White Lie  反逆するセカイ 真っ黒な羽は 最後の想いごと 真っ白になれる  竦んだ夜を超えて舞い上がる Angel ここから貴方を信じてもいい…?  「選んだよ」  恋するたび「雨のように」 降るカタストロフィ「花のように」 でも貴方と「悪い子は」 空を飛びたくて 月虹と私「寂しさも」 包み込まれて Remedy 純白に還ってくトロイメライ 響くトロイメライ
Spread the Wings!!(アンティーカ Ver.)Spread the Wings 行こう 今、はじまる奇跡  翼を広げて (君とどこまでも) あの空の彼方  (Start Up) 新しい夢にあつまった (You & Me YES!!) やわらかい羽をぎゅっとつないで (Look Up) 誰も見たことない翼 わたし達の空に広げよう  どんな憧れも全部かなえる そんな未来信じてみない? 強く願えたら (それはもう) 本物だよ!  Spread the Wings 行こう 今、羽ばたく時間 ずっとみんな 待っていたよね Spread the Wings これは もう最初の奇跡 (見つけた) 手を伸ばせば (Power) うまれてくる 勇気をさあ 味方にして  翼を広げて (君とどこまでも) あの空の彼方  (Grow Up) 不安はみんな同じだね (Don't worry YES!!) だけどワクワクちゃんとしてるの (Jump Up) うまくできない自分ごと 好きになれるステージきっとある  いっぱい夢見たぶん、うんと遠くまで イメージする…リアルになる 今はそれだけで (じゅうぶん) 強くなれる! (上昇気流にRide!!)  Spread the Wings 行こう まだ知らない世界 夢が夢で 終わらない場所 Spread the Wings いつか 最高の笑顔で (一緒に) たどりつける (Future) キラメキへと 可能性で 羽ばたくんだ  Yeah!!  さあ、ここから 前だけ見て進むよ 瞳に両手に Dream (Dream) 輝かせよう  Spread the Wings 行こう 今、羽ばたく時間 ずっとみんな 待っていたよね Spread the Wings これは もう最初の奇跡 (見つけた) 手を伸ばして (Power) 受け取ったの 君と目指す (Future) キラめく世界 可能性で 羽ばたくんだ  翼を広げて (君とどこまでも) あの空の彼方 (夢を追いかけて) 翼を広げて (君とどこまでも) あの空の彼方アンティーカこだまさおり山口朗彦Spread the Wings 行こう 今、はじまる奇跡  翼を広げて (君とどこまでも) あの空の彼方  (Start Up) 新しい夢にあつまった (You & Me YES!!) やわらかい羽をぎゅっとつないで (Look Up) 誰も見たことない翼 わたし達の空に広げよう  どんな憧れも全部かなえる そんな未来信じてみない? 強く願えたら (それはもう) 本物だよ!  Spread the Wings 行こう 今、羽ばたく時間 ずっとみんな 待っていたよね Spread the Wings これは もう最初の奇跡 (見つけた) 手を伸ばせば (Power) うまれてくる 勇気をさあ 味方にして  翼を広げて (君とどこまでも) あの空の彼方  (Grow Up) 不安はみんな同じだね (Don't worry YES!!) だけどワクワクちゃんとしてるの (Jump Up) うまくできない自分ごと 好きになれるステージきっとある  いっぱい夢見たぶん、うんと遠くまで イメージする…リアルになる 今はそれだけで (じゅうぶん) 強くなれる! (上昇気流にRide!!)  Spread the Wings 行こう まだ知らない世界 夢が夢で 終わらない場所 Spread the Wings いつか 最高の笑顔で (一緒に) たどりつける (Future) キラメキへと 可能性で 羽ばたくんだ  Yeah!!  さあ、ここから 前だけ見て進むよ 瞳に両手に Dream (Dream) 輝かせよう  Spread the Wings 行こう 今、羽ばたく時間 ずっとみんな 待っていたよね Spread the Wings これは もう最初の奇跡 (見つけた) 手を伸ばして (Power) 受け取ったの 君と目指す (Future) キラめく世界 可能性で 羽ばたくんだ  翼を広げて (君とどこまでも) あの空の彼方 (夢を追いかけて) 翼を広げて (君とどこまでも) あの空の彼方
とある英雄たちの物語Yes, yes, yes my lord oh Yes, yes, yes my lord Yes, yes, yes my lord oh Yes, yes, yes my lord  とある場所であった真実の Story 宝物を守るため決めた Decided 何が大義? 何が大切なの? We are 苦悩の末剣を取った Heroes  昔々…と、伝わる伝承 国を守護する大いなる盾 五つの騎士団 頂点に立つのはたった五人の騎士 -英雄- たち  祖先 -嘗て- は独立した集団 刃を向けた日もある 同じ王を戴いてなお 彼らは、不可侵で  Yes, yes, yes my lord oh Yes, yes, yes my lord “唯一、我らは王のもと集う”  そうして約束は 破られずに今日まで来たけれど―――  僕ら出逢ってしまったの 孤独だけ携え来た崖の上 交差する五つの… ah 争いの隙間で心許せる日溜まりの一時 君となら Swear ここでしか話さない Swear 秘密で結ぶ友誼 Swear 誓ってみせよう 今、剣に懸けて  No! なんで運命斯くも無慈悲なのか Oh my gosh 悪化してく憎悪底なし沼状態 断絶が深まる五つの巨大なパワー 「もはや猶予なし!」 「奴らを討て!」  保たれていた均衡が崩れ出す 崖の上集った瞳は 背後の感情どうにも出来ない 衝突不可避とこわばる  Yes, yes, yes my lord oh Yes, yes, yes my lord “何故、王を守りたいだけなのに”  そうだ君たちに決闘申し込もう 勝者が指揮を取れーーー  一つに団結 -なる- ために僕ら 一斉に構え取った 鈍色の先 友に向け走り出す… ah 夥しい血流れ 君の顔が霞んだ この選択は正しかった? …分からない  やがて君の剣 僕の心臓貫くとき 君が叫んだ 「こんなのは違う!」と… ah 力で捩じ伏せようとも瞋恚の炎消えない 同じ悲劇、起こるだろう未来で… ah 傷ついた手を取り 「新しい在り方を宣誓しよう」 さあ皆で Swear いつだって話そう Swear 結び直す友誼 Swear 未来を作ろう 今、剣に懸けて  Yes, yes, yes my lord oh Yes, yes, yes my lord Yes, yes, yes my lord oh Yes, yes, yes my lordアンティーカ真崎エリカ設楽哲也設楽哲也Yes, yes, yes my lord oh Yes, yes, yes my lord Yes, yes, yes my lord oh Yes, yes, yes my lord  とある場所であった真実の Story 宝物を守るため決めた Decided 何が大義? 何が大切なの? We are 苦悩の末剣を取った Heroes  昔々…と、伝わる伝承 国を守護する大いなる盾 五つの騎士団 頂点に立つのはたった五人の騎士 -英雄- たち  祖先 -嘗て- は独立した集団 刃を向けた日もある 同じ王を戴いてなお 彼らは、不可侵で  Yes, yes, yes my lord oh Yes, yes, yes my lord “唯一、我らは王のもと集う”  そうして約束は 破られずに今日まで来たけれど―――  僕ら出逢ってしまったの 孤独だけ携え来た崖の上 交差する五つの… ah 争いの隙間で心許せる日溜まりの一時 君となら Swear ここでしか話さない Swear 秘密で結ぶ友誼 Swear 誓ってみせよう 今、剣に懸けて  No! なんで運命斯くも無慈悲なのか Oh my gosh 悪化してく憎悪底なし沼状態 断絶が深まる五つの巨大なパワー 「もはや猶予なし!」 「奴らを討て!」  保たれていた均衡が崩れ出す 崖の上集った瞳は 背後の感情どうにも出来ない 衝突不可避とこわばる  Yes, yes, yes my lord oh Yes, yes, yes my lord “何故、王を守りたいだけなのに”  そうだ君たちに決闘申し込もう 勝者が指揮を取れーーー  一つに団結 -なる- ために僕ら 一斉に構え取った 鈍色の先 友に向け走り出す… ah 夥しい血流れ 君の顔が霞んだ この選択は正しかった? …分からない  やがて君の剣 僕の心臓貫くとき 君が叫んだ 「こんなのは違う!」と… ah 力で捩じ伏せようとも瞋恚の炎消えない 同じ悲劇、起こるだろう未来で… ah 傷ついた手を取り 「新しい在り方を宣誓しよう」 さあ皆で Swear いつだって話そう Swear 結び直す友誼 Swear 未来を作ろう 今、剣に懸けて  Yes, yes, yes my lord oh Yes, yes, yes my lord Yes, yes, yes my lord oh Yes, yes, yes my lord
虹の行方 (アンティーカVer.)探して行こう ずっと 次の空を  そう あの時 手のひらに降りた 羽根を 握った時 始まった  あれは 誰の落とし物 だったの? どれだけその高さに 届いてるの?  君が微笑む この時間を 閉じ込めたい そう望むより(Yes, we know) この時を離さないまま(抱いたまま) 照らすよ どんな 過去でも未来でも もっと 歌おう 素顔 地図を 照らすような 永遠を  ひらけ 願いの翼 もう届かない彼方が どんな優しい道でも 何度でも 降る雨を 北風を 抜けながら 光るのが 私の選んだ空 たとえ 出会えてなくて 一緒に居ない世界でも 君を響かせる光の歌 胸の銀河を繋いで 何処までも輝くCOLORS 夢の先へ  (Draw your rainbow) (Shine on your heart)  現在 きのう あすへ無数に並ぶ扉 駆け抜けたり 立ち尽くしたり 可能性はいくつ煌いたの?  Ah 違う旅を選んだ私も きっとそうだね 何処かで 何かに励んでる(元気でね)  正解を捨ててみたり 嬉しいのに泣いて たくさん矛盾したら 遠くへ飛べた  強く 憧れるまま 強い胸の音を 隠したような羽ばたきでも 誰かの 手のひらへ ひとひらが 落ちたなら 新しい 希望に 変わって欲しい  最果てはまだ光より遠く けど瞳は霞むことなく 幾千と流れる叶え星が 溶けて巡るパノラマ 大事な居場所こそがゴールでも なぜか みんな 手を伸ばすよ そうだね ひとりじゃない ずっと  この心から空へ あの空から 彼方へと届く羽を信じて もう何も 怖くない この気持ち抱いていこう 飛び方も 絆も 知ってるから たとえ 遠く離れても どんな風の世界でも 君を呼び覚ます 翼の歌 胸の銀河を繋いで 何処までも輝くCOLORS 夢の先へ 何処までも 彩るから 夢の先へ  (探して行こう ずっと 次の空を もっと) 照らせるから (探して行こう ずっと 次の空へ) 届けるから 空へアンティーカ古屋真三好啓太探して行こう ずっと 次の空を  そう あの時 手のひらに降りた 羽根を 握った時 始まった  あれは 誰の落とし物 だったの? どれだけその高さに 届いてるの?  君が微笑む この時間を 閉じ込めたい そう望むより(Yes, we know) この時を離さないまま(抱いたまま) 照らすよ どんな 過去でも未来でも もっと 歌おう 素顔 地図を 照らすような 永遠を  ひらけ 願いの翼 もう届かない彼方が どんな優しい道でも 何度でも 降る雨を 北風を 抜けながら 光るのが 私の選んだ空 たとえ 出会えてなくて 一緒に居ない世界でも 君を響かせる光の歌 胸の銀河を繋いで 何処までも輝くCOLORS 夢の先へ  (Draw your rainbow) (Shine on your heart)  現在 きのう あすへ無数に並ぶ扉 駆け抜けたり 立ち尽くしたり 可能性はいくつ煌いたの?  Ah 違う旅を選んだ私も きっとそうだね 何処かで 何かに励んでる(元気でね)  正解を捨ててみたり 嬉しいのに泣いて たくさん矛盾したら 遠くへ飛べた  強く 憧れるまま 強い胸の音を 隠したような羽ばたきでも 誰かの 手のひらへ ひとひらが 落ちたなら 新しい 希望に 変わって欲しい  最果てはまだ光より遠く けど瞳は霞むことなく 幾千と流れる叶え星が 溶けて巡るパノラマ 大事な居場所こそがゴールでも なぜか みんな 手を伸ばすよ そうだね ひとりじゃない ずっと  この心から空へ あの空から 彼方へと届く羽を信じて もう何も 怖くない この気持ち抱いていこう 飛び方も 絆も 知ってるから たとえ 遠く離れても どんな風の世界でも 君を呼び覚ます 翼の歌 胸の銀河を繋いで 何処までも輝くCOLORS 夢の先へ 何処までも 彩るから 夢の先へ  (探して行こう ずっと 次の空を もっと) 照らせるから (探して行こう ずっと 次の空へ) 届けるから 空へ
NEO THEORY FANTASY風を切れたら無敵な気がしたから (Starting) 踏み出せたよ 一歩を超えて また一歩 勇気とケーキ ブリキのバスケットを (Carry On) 揺らしながら 迷い込んだ霧のなか  ああ、甘い言葉 潜んでいる 牙を隠す誰かが 仮面を被って 過ちの方へ導いた… 気づかないで (進んでゆく) 騙されても (惹かれてゆく) 決めたトビラへ  星のせせらぎを飛び越え NEO THEORY FANTASY 蘇る古きウタ 道標に キミが大好きな紫の蝶を見つけにいこう 頷く瞳と約束して―― 進むよ  鬱蒼と広がる廃墟はまるで Lost Forest (Wandering) 磁気嵐に似た不安が押し寄せて 弱気同士が擦れ違うから Pain and Pain (Scramble) 枯れて朽ちた樹より深く 項垂れた  ああ、弱ったココロ 取り繕い 夢を見せる勇者の 仮面を被って それでも止まらず目指してた… 理由はみんな (消さなかった) 信じるから (希望あった) 辿り着けると…!  そして運命は転がる FALL A PRAY TO BLACK HOLE 立ち塞ぐ残酷が口を開けた きっと大丈夫 ハートに同じ旋律あれば 怖くないよ 絶望のなかに―― 呑まれよう  ああ、闇の底に閉じ込められ やっとボクら出会えた 光に触れたよ 「もう十分だよね」 「本当に?」 出来るはずさ (挑戦しなきゃ) ストーリーテラー (覚醒して) 物語(ミライ)を変えろ!  今 突き破れば世界は NEO THEORY FANTASY 救いよりボクららしい真のエンド 予定調和は無い 在ったのは揃いの気持ちだけ 見渡せば、紫の蝶が 舞ってたアンティーカ真崎エリカ鍋谷卓摩(luxis)遠藤ナオキ風を切れたら無敵な気がしたから (Starting) 踏み出せたよ 一歩を超えて また一歩 勇気とケーキ ブリキのバスケットを (Carry On) 揺らしながら 迷い込んだ霧のなか  ああ、甘い言葉 潜んでいる 牙を隠す誰かが 仮面を被って 過ちの方へ導いた… 気づかないで (進んでゆく) 騙されても (惹かれてゆく) 決めたトビラへ  星のせせらぎを飛び越え NEO THEORY FANTASY 蘇る古きウタ 道標に キミが大好きな紫の蝶を見つけにいこう 頷く瞳と約束して―― 進むよ  鬱蒼と広がる廃墟はまるで Lost Forest (Wandering) 磁気嵐に似た不安が押し寄せて 弱気同士が擦れ違うから Pain and Pain (Scramble) 枯れて朽ちた樹より深く 項垂れた  ああ、弱ったココロ 取り繕い 夢を見せる勇者の 仮面を被って それでも止まらず目指してた… 理由はみんな (消さなかった) 信じるから (希望あった) 辿り着けると…!  そして運命は転がる FALL A PRAY TO BLACK HOLE 立ち塞ぐ残酷が口を開けた きっと大丈夫 ハートに同じ旋律あれば 怖くないよ 絶望のなかに―― 呑まれよう  ああ、闇の底に閉じ込められ やっとボクら出会えた 光に触れたよ 「もう十分だよね」 「本当に?」 出来るはずさ (挑戦しなきゃ) ストーリーテラー (覚醒して) 物語(ミライ)を変えろ!  今 突き破れば世界は NEO THEORY FANTASY 救いよりボクららしい真のエンド 予定調和は無い 在ったのは揃いの気持ちだけ 見渡せば、紫の蝶が 舞ってた
バベルシティ・グレイスソラは遠くて 居るのはただ 虚ろな太陽 淀んだ空気の中で 言葉が、ココロが、隔てられて 霞んで見えない 双眼鏡を覗いても  でも1つだけ 残されてる ボクらを繋ぐモノ 蒸気を見せる 時を待ってる さあ始めようか 錆び付いた運命の鍵を回して!  Ignite Our Song! 急げ灯すんだ“ウタ”という世界を変えてく Flame 孤独に冷えたハート 永久機関に出来るのさ いつだって Believe Our Song! キミとボクを結ぶライン伝って奔るよ Phrase 希望…聴こえる? バベルシティ・グレイス 響いてくどこまでも  独りぼっちじゃ ネガイだって瓦礫になってく 行き先が分からずに 小さな焔は 寂しさ抱き呼吸していたよ 旅立つ日ユメ見ながら  そうそして「今日」時が来たよ ボクらが出会う時 震えている 胸のコアは もう稼働中だよ 恐れずに未来の航海図広げて!  Resonance Our Song! ここで鳴り響く“オト”には宿るよ無限の Brave 曇った視界の向こう 一直線に突き抜けてゆくように Arise Our Song! 諦めで塗りつぶされた時代を変えるよ Blaze 今…奏でる New Frontier Bless 幕開けの声となれ  熱を持って爆ぜるメロディ さあ始めようか 錆び付いた運命の鍵を回して!  Ignite Our Song! 急げ灯すんだ“ウタ”という世界を変えてく Flame 孤独に冷えたハート 永久機関にしてゆくよ “アンティーカ” Believe Our Song! キミとボクを結ぶライン伝って奔るよ Phrase 希望…聴こえる? バベルシティ・グレイス 響いてく彼方へと―――アンティーカ真崎エリカ南田健吾(onetrap)南田健吾ソラは遠くて 居るのはただ 虚ろな太陽 淀んだ空気の中で 言葉が、ココロが、隔てられて 霞んで見えない 双眼鏡を覗いても  でも1つだけ 残されてる ボクらを繋ぐモノ 蒸気を見せる 時を待ってる さあ始めようか 錆び付いた運命の鍵を回して!  Ignite Our Song! 急げ灯すんだ“ウタ”という世界を変えてく Flame 孤独に冷えたハート 永久機関に出来るのさ いつだって Believe Our Song! キミとボクを結ぶライン伝って奔るよ Phrase 希望…聴こえる? バベルシティ・グレイス 響いてくどこまでも  独りぼっちじゃ ネガイだって瓦礫になってく 行き先が分からずに 小さな焔は 寂しさ抱き呼吸していたよ 旅立つ日ユメ見ながら  そうそして「今日」時が来たよ ボクらが出会う時 震えている 胸のコアは もう稼働中だよ 恐れずに未来の航海図広げて!  Resonance Our Song! ここで鳴り響く“オト”には宿るよ無限の Brave 曇った視界の向こう 一直線に突き抜けてゆくように Arise Our Song! 諦めで塗りつぶされた時代を変えるよ Blaze 今…奏でる New Frontier Bless 幕開けの声となれ  熱を持って爆ぜるメロディ さあ始めようか 錆び付いた運命の鍵を回して!  Ignite Our Song! 急げ灯すんだ“ウタ”という世界を変えてく Flame 孤独に冷えたハート 永久機関にしてゆくよ “アンティーカ” Believe Our Song! キミとボクを結ぶライン伝って奔るよ Phrase 希望…聴こえる? バベルシティ・グレイス 響いてく彼方へと―――
浮動性イノセンス割れた磨りガラス 隙間から世界 でも人のハート 覗いてしまえない どうすればいいの 癒えない Melancholy 生まれ息をした 罰かも知れない  あなたも同じ目をして 孤独は鱗粉のようで はらりはらり ふたりの 間に落ちた  表裏 -あちらこちら- 翅とさまよう虚実へ 連れていけたなら こんな夜にはいないで さあ Flying to the black その手を取るよ 真っ黒なレース翻し どこまでも飛んでゆけるの Innocent papillon  覚めない夢なんて この世には無くて だけどあと一歩向こうには 在るのかも  ひとりでにうごめく影 あなたの影は違うの? 時計の針をとめて ah しまえたら  光影 -こちらあちら- 隔てられた心臓を 溶かしてひとつに こんな夜にはいいでしょ さあ Flying to the black 今 輪郭をほどきあい 曖昧になって ソリチュードへ葬送曲 -レクイエム- を Innocent papillon  ひらり 舞い上がれたら 広がっている 遊び場 怖くない 手のひら合わせたら 空へ  表裏 -あちらこちら- 翅とさまよう虚実へ 連れていかなくちゃ こんな夜にはいないで さあ Flying to the black その手を取るよ 真っ黒なレース翻し どこまでも飛んでゆけるの Innocent papillonアンティーカ真崎エリカArmySlick・Giz'Mo(from Jam9)ArmySlick割れた磨りガラス 隙間から世界 でも人のハート 覗いてしまえない どうすればいいの 癒えない Melancholy 生まれ息をした 罰かも知れない  あなたも同じ目をして 孤独は鱗粉のようで はらりはらり ふたりの 間に落ちた  表裏 -あちらこちら- 翅とさまよう虚実へ 連れていけたなら こんな夜にはいないで さあ Flying to the black その手を取るよ 真っ黒なレース翻し どこまでも飛んでゆけるの Innocent papillon  覚めない夢なんて この世には無くて だけどあと一歩向こうには 在るのかも  ひとりでにうごめく影 あなたの影は違うの? 時計の針をとめて ah しまえたら  光影 -こちらあちら- 隔てられた心臓を 溶かしてひとつに こんな夜にはいいでしょ さあ Flying to the black 今 輪郭をほどきあい 曖昧になって ソリチュードへ葬送曲 -レクイエム- を Innocent papillon  ひらり 舞い上がれたら 広がっている 遊び場 怖くない 手のひら合わせたら 空へ  表裏 -あちらこちら- 翅とさまよう虚実へ 連れていかなくちゃ こんな夜にはいないで さあ Flying to the black その手を取るよ 真っ黒なレース翻し どこまでも飛んでゆけるの Innocent papillon
Black Reverie雲間に鳥が鳴く 明けない静寂に ひそんだロマネスク ひと匙の So Magic Night 眠りの庭園で 目覚めるファンタズム 始まってしまいそう 終わりのない So Dizzy Night  (Who Euphoria…) 幕ガ開クヨウニ (Who Omen of Love…) 帳ヲ裂イテ  振り向いた影が 手向ける未来は悲劇? それとも…  月虹と革る世界 現とユメの Chaos 今 合った 貴方の瞳 幻想のひとかけら 佇む 運命の畔 宵闇の Black Reverie 堕ちていく… 魂は遂に魅入られてしまったの I'm a Dark Angel  無邪気な散策は 一瞬でマスカレード 風と踊るはずが 巻き起こる So Magic Night 不思議なミラージュに 飲み込まれたようで 咲いてる花さえも 目に入らない So Dizzy Night  (Who Euphoria…) 闇ノ浪間ニ (Who Omen of Love…) 漂ウ二人  Ah 手を伸ばしたら 分かってる でも深みへと進むの…  錯覚を起こす目眩 迷って掴む Helios 出会いのセレナーデ 高鳴った胸の音 佇む 永遠の汀 貴方がくれた Garnet 堕ちていく… ためらいをそっと踏み越えたこの日から I'm a Dark Angel  真っ白な翼が 真っ逆さまに飛ぶ 真っ黒に染まって その瞳の色になって  月虹と革る世界 現とユメの Chaos 今 合った 貴方の瞳 幻想のひとかけら 佇む 運命の畔 宵闇の Black Reverie 堕ちていく… 魂は恋に魅入られてしまったの 昨日にはもう… 戻れない私 I'm a Dark Angelアンティーカ真崎エリカ本多友紀(Arte Refact)本多友紀雲間に鳥が鳴く 明けない静寂に ひそんだロマネスク ひと匙の So Magic Night 眠りの庭園で 目覚めるファンタズム 始まってしまいそう 終わりのない So Dizzy Night  (Who Euphoria…) 幕ガ開クヨウニ (Who Omen of Love…) 帳ヲ裂イテ  振り向いた影が 手向ける未来は悲劇? それとも…  月虹と革る世界 現とユメの Chaos 今 合った 貴方の瞳 幻想のひとかけら 佇む 運命の畔 宵闇の Black Reverie 堕ちていく… 魂は遂に魅入られてしまったの I'm a Dark Angel  無邪気な散策は 一瞬でマスカレード 風と踊るはずが 巻き起こる So Magic Night 不思議なミラージュに 飲み込まれたようで 咲いてる花さえも 目に入らない So Dizzy Night  (Who Euphoria…) 闇ノ浪間ニ (Who Omen of Love…) 漂ウ二人  Ah 手を伸ばしたら 分かってる でも深みへと進むの…  錯覚を起こす目眩 迷って掴む Helios 出会いのセレナーデ 高鳴った胸の音 佇む 永遠の汀 貴方がくれた Garnet 堕ちていく… ためらいをそっと踏み越えたこの日から I'm a Dark Angel  真っ白な翼が 真っ逆さまに飛ぶ 真っ黒に染まって その瞳の色になって  月虹と革る世界 現とユメの Chaos 今 合った 貴方の瞳 幻想のひとかけら 佇む 運命の畔 宵闇の Black Reverie 堕ちていく… 魂は恋に魅入られてしまったの 昨日にはもう… 戻れない私 I'm a Dark Angel
文明開花輪舞 -シティ・ハレルヤ-配管が空へ羽を伸ばしてる 尖塔の先では舟が出航の合図 活気づく此処は、機械仕掛けの街───バベルシティ  いつの間にか消えてた陽は射して 笑顔の振り子 今日を刻んでる あの日の廃墟は不滅の輝きを手に入れ 時は進化、今やハイカラ  フレイム・オブ・ザ・ソング 「ウタよ在れ」 願い永劫に胸のなか燃えるから 終わりなき鼓動の在処で…私は口ずさむハレルヤ さあ華やかに 魅せてドラマ 蒸気の摩天楼 舞台にして 貴方と出会ったこの街は いつだって、焔を抱いて眩しいもの  鉄と祈り継ぎ足して綴った 滅びかけていた街の新しいペェジ 真鍮のテラス横切る、螺子巻きの白ウサギ  風受けた翼 泳ぎだして 優雅なティヰパァティ 飛行艇のなかで 揺らいでるガス灯 思ってる 愛おしいって 見下ろす景色の名をどう付けようか  フレイム・オブ・ザ・ソング 「聞こえますか?」 声は蓄音機(フォノグラフ)どこへだって届くよ 煤煙の空 気づけばユウトピア 終末を超えた先の未来 希望載せて 廻れタァビン 今日も変わらない 日々の為に 貴方が歩くこの街よ 着飾って命の限り美しくあれ  嗚呼!私たちが覚めない夢の礎なら なんて幸せ 毅然とウタってたい 永久機関を奏でて 朽ち果てたい -シティ・ハレルヤ-  フレイム・オブ・ザ・ソング 「ウタよ在れ」 願い永劫に胸のなか燃えるから 終わりなき鼓動の在処で…私は口ずさむハレルヤを とびきり華やかに 魅せてドラマ 蒸気の 摩天楼 まさに文明開花して 踊っている輪舞曲(ロンド) 貴方がいるこの街は いつだって、焔を抱いて眩しいものアンティーカ真崎エリカ藤井健太郎(HANO)藤井健太郎(HANO)配管が空へ羽を伸ばしてる 尖塔の先では舟が出航の合図 活気づく此処は、機械仕掛けの街───バベルシティ  いつの間にか消えてた陽は射して 笑顔の振り子 今日を刻んでる あの日の廃墟は不滅の輝きを手に入れ 時は進化、今やハイカラ  フレイム・オブ・ザ・ソング 「ウタよ在れ」 願い永劫に胸のなか燃えるから 終わりなき鼓動の在処で…私は口ずさむハレルヤ さあ華やかに 魅せてドラマ 蒸気の摩天楼 舞台にして 貴方と出会ったこの街は いつだって、焔を抱いて眩しいもの  鉄と祈り継ぎ足して綴った 滅びかけていた街の新しいペェジ 真鍮のテラス横切る、螺子巻きの白ウサギ  風受けた翼 泳ぎだして 優雅なティヰパァティ 飛行艇のなかで 揺らいでるガス灯 思ってる 愛おしいって 見下ろす景色の名をどう付けようか  フレイム・オブ・ザ・ソング 「聞こえますか?」 声は蓄音機(フォノグラフ)どこへだって届くよ 煤煙の空 気づけばユウトピア 終末を超えた先の未来 希望載せて 廻れタァビン 今日も変わらない 日々の為に 貴方が歩くこの街よ 着飾って命の限り美しくあれ  嗚呼!私たちが覚めない夢の礎なら なんて幸せ 毅然とウタってたい 永久機関を奏でて 朽ち果てたい -シティ・ハレルヤ-  フレイム・オブ・ザ・ソング 「ウタよ在れ」 願い永劫に胸のなか燃えるから 終わりなき鼓動の在処で…私は口ずさむハレルヤを とびきり華やかに 魅せてドラマ 蒸気の 摩天楼 まさに文明開花して 踊っている輪舞曲(ロンド) 貴方がいるこの街は いつだって、焔を抱いて眩しいもの
Migratory Echoes (アンティーカVer.)今いる場所がどんな場所だとしたって 遥か遠くへいくって心が騒いでる 海を渡る翼をひらいて あの光の先まで飛ぶんだ  止まり木にしか安らぎはなくたって そこから新しい景色は描けない 飛び去ってく旅路も切掛も 自分が選ぶしかないんだ  晴れだけ期待して勝手に諦める そんな拙い想像力じゃどこにもいけない  願いのように(一緒に歌おう)想いをこめて(一緒に歌おう) 歌っていこう 海を越え届く羽で声はきっと羽ばたき続ける (一緒に歌おう)そのEchoを 信じていられるよ 青の向こうの世界を 目指して飛び立った歌はまた出逢える  瞳交わして頷けば速度上昇 透き通った空には指標なんかないけど 怖くはない 眩しいアルカディア そこへの道は一つじゃないから  何度でも fiamma ハートで抱きしめて 永劫、先へ翔けてゆくよ 夜を脱ぎ捨てて  未来のために(一緒に歌おう)夜明けを見て(一緒に歌おう) たどった軌跡 ただ一つだけの宙を拓く夢に変えてさ このウタ (一緒に歌おう)ずっとEchoが 勇気をくれるから 進む僕らの鼓動もどこかで 絶対の灯火になりたい  声を聴かせて(Oh Oh Oh)この歌が聴こえたなら(届いてるよ) 翼は集まっていく  願いのように(一緒に歌おう)想いをこめて(一緒に歌おう) 歌っていこう 空を広げれば 渡る声はきっと羽ばたく  歌っていこう(一緒に歌おう)歌っていこう(一緒に歌おう) 歌っていこう 果てはなくたっていい 高い空で歌を響かせあうんだ (一緒に歌おう)そのEchoが 聴こえ続けるから 青の向こうの世界で 必ず旅立った君とまた出逢える  きっと、自分だけの歌で 遥か彼方へいこう きっと、響かせあって 遥か彼方で逢おうアンティーカ松井洋平・真崎エリカヤナガワタカオ原田篤(Arte Refact)今いる場所がどんな場所だとしたって 遥か遠くへいくって心が騒いでる 海を渡る翼をひらいて あの光の先まで飛ぶんだ  止まり木にしか安らぎはなくたって そこから新しい景色は描けない 飛び去ってく旅路も切掛も 自分が選ぶしかないんだ  晴れだけ期待して勝手に諦める そんな拙い想像力じゃどこにもいけない  願いのように(一緒に歌おう)想いをこめて(一緒に歌おう) 歌っていこう 海を越え届く羽で声はきっと羽ばたき続ける (一緒に歌おう)そのEchoを 信じていられるよ 青の向こうの世界を 目指して飛び立った歌はまた出逢える  瞳交わして頷けば速度上昇 透き通った空には指標なんかないけど 怖くはない 眩しいアルカディア そこへの道は一つじゃないから  何度でも fiamma ハートで抱きしめて 永劫、先へ翔けてゆくよ 夜を脱ぎ捨てて  未来のために(一緒に歌おう)夜明けを見て(一緒に歌おう) たどった軌跡 ただ一つだけの宙を拓く夢に変えてさ このウタ (一緒に歌おう)ずっとEchoが 勇気をくれるから 進む僕らの鼓動もどこかで 絶対の灯火になりたい  声を聴かせて(Oh Oh Oh)この歌が聴こえたなら(届いてるよ) 翼は集まっていく  願いのように(一緒に歌おう)想いをこめて(一緒に歌おう) 歌っていこう 空を広げれば 渡る声はきっと羽ばたく  歌っていこう(一緒に歌おう)歌っていこう(一緒に歌おう) 歌っていこう 果てはなくたっていい 高い空で歌を響かせあうんだ (一緒に歌おう)そのEchoが 聴こえ続けるから 青の向こうの世界で 必ず旅立った君とまた出逢える  きっと、自分だけの歌で 遥か彼方へいこう きっと、響かせあって 遥か彼方で逢おう
有彩色ユリイカただ広大な世界のなかに 僕らという Colors  荒い吐息まだ先を急ぐ どこへ行こうとしている? 振り上げた筆の着地点探すように ふと足を止めたけど  懊悩しなくてもいい ほらあの日の色 永遠の絵画になって ここにいる とびきり自由に踊ってみせた 瞬間が心のミュージアムに佇んでる どんな色選んでも きっと正しいよと語りかけて  Be authentic! 僕ら、僕達らしささえ いつしか超えて 見たこともないような Flash&Colors そうさ 解き放とう 鮮烈な濃淡がぶつかって ああ 創世の煌めき やっと分かったんだ 描きたいものは 踏み出す先にあること  君に見せたい何かがあった 叶えてもなぜ歩くの? 分かりきったはずの問いかけにどうしてか 歩調遅くなるけれど  深慮なんかいらない だって人はみんな 願望の理由など知らないでしょう ただ時に荒く 時にやわく 昨日と違ったタッチの僕ら 突きつけたい 噛みつきそうな熱で 目を見開くようなオリジナルを Yes, all out Yes, all out 命あるかぎり  Be authentic! 僕ら、僕達らしささえ いつしか超えて 見たこともないような Flash&Colors そうさ 解き放とう 鮮烈な濃淡がぶつかって ああ 創世の煌めき やっと分かったんだ 描きたいものは 踏み出す先に Ah あるよ 「新しさ描け」 「自分を描け」 「運命を描け」 恐れずに 色彩が明滅して真白になった世界で 叫べ、ユリイカ 見つけた光で Canvasを強くつらぬけ! L'Anticaアンティーカ真崎エリカ藤井健太郎(HANO)藤井健太郎(HANO)ただ広大な世界のなかに 僕らという Colors  荒い吐息まだ先を急ぐ どこへ行こうとしている? 振り上げた筆の着地点探すように ふと足を止めたけど  懊悩しなくてもいい ほらあの日の色 永遠の絵画になって ここにいる とびきり自由に踊ってみせた 瞬間が心のミュージアムに佇んでる どんな色選んでも きっと正しいよと語りかけて  Be authentic! 僕ら、僕達らしささえ いつしか超えて 見たこともないような Flash&Colors そうさ 解き放とう 鮮烈な濃淡がぶつかって ああ 創世の煌めき やっと分かったんだ 描きたいものは 踏み出す先にあること  君に見せたい何かがあった 叶えてもなぜ歩くの? 分かりきったはずの問いかけにどうしてか 歩調遅くなるけれど  深慮なんかいらない だって人はみんな 願望の理由など知らないでしょう ただ時に荒く 時にやわく 昨日と違ったタッチの僕ら 突きつけたい 噛みつきそうな熱で 目を見開くようなオリジナルを Yes, all out Yes, all out 命あるかぎり  Be authentic! 僕ら、僕達らしささえ いつしか超えて 見たこともないような Flash&Colors そうさ 解き放とう 鮮烈な濃淡がぶつかって ああ 創世の煌めき やっと分かったんだ 描きたいものは 踏み出す先に Ah あるよ 「新しさ描け」 「自分を描け」 「運命を描け」 恐れずに 色彩が明滅して真白になった世界で 叫べ、ユリイカ 見つけた光で Canvasを強くつらぬけ! L'Antica
ラビリンス・レジスタンス僕は何度だって声をあげながら 行くんだ ラビリンス・レジスタンス また昇って闇を打ち消す あのタイヨウのように  うつむけば薄汚れた クツが目に入るけれども 無様だと 捉えるのか 抗いと 感じるのか  ああ! まだ見えなくても (きっと) たどり着く (ものがある) 雫をひとつ落として顔上げた  何度だって声をあげながら 行くんだ ラビリンス・レジスタンス 刺さった心臓つらぬく矢を 自分で抜きながら  不安定 何もかもが 行動原理定まらず 目標も座標もまだ 曖昧で分からなくて  ああ! でも負けたくなくて (ココロ) 寂しくて (まぶしくて) 求めてやまない衝動が走る  躊躇って佇んでしまえば 未来は ブラインド・リペンタンス 伸ばさず下ろした手のなかに 何が残るのだろう?  一人滑稽なピエロさ 誰かがささやく それでも 僕は望んだ僕でいたい 取り囲む (何重の) 鏡の自分に突きつけた  そうさ 何度だって声をあげながら 行くんだ ラビリンス・レジスタンス 刺さった心臓つらぬく矢を 自分で抜きながら きっと抗って彷徨っているだろう 君と同じでいたいよ また昇って闇を打ち消す あのタイヨウのようにアンティーカ真崎エリカ家原正樹・Lauren Kaori家原正樹僕は何度だって声をあげながら 行くんだ ラビリンス・レジスタンス また昇って闇を打ち消す あのタイヨウのように  うつむけば薄汚れた クツが目に入るけれども 無様だと 捉えるのか 抗いと 感じるのか  ああ! まだ見えなくても (きっと) たどり着く (ものがある) 雫をひとつ落として顔上げた  何度だって声をあげながら 行くんだ ラビリンス・レジスタンス 刺さった心臓つらぬく矢を 自分で抜きながら  不安定 何もかもが 行動原理定まらず 目標も座標もまだ 曖昧で分からなくて  ああ! でも負けたくなくて (ココロ) 寂しくて (まぶしくて) 求めてやまない衝動が走る  躊躇って佇んでしまえば 未来は ブラインド・リペンタンス 伸ばさず下ろした手のなかに 何が残るのだろう?  一人滑稽なピエロさ 誰かがささやく それでも 僕は望んだ僕でいたい 取り囲む (何重の) 鏡の自分に突きつけた  そうさ 何度だって声をあげながら 行くんだ ラビリンス・レジスタンス 刺さった心臓つらぬく矢を 自分で抜きながら きっと抗って彷徨っているだろう 君と同じでいたいよ また昇って闇を打ち消す あのタイヨウのように
Resonance+ (アンティーカVer.)For LAYERED WING For LAYERED SONG  空に瞬くあの星が 名前を持つように 私たちのこの羽根にも 名前があった  一人一人が探し集めた 輝きを合わせて 明日を照らす 小さな光になった  ずっと待っていた重なる時を 信じて紡いだ言葉で 織り成す七つの願いを込めて  歌になれ  だから精一杯の声で 最高の笑顔で 空を描いて行くよ ここで光るよ  今日までの軌跡、点と線が 描いた この景色は 何一つ当たり前じゃなくて だからこそ全てが愛しくて  精一杯夢見た 精一杯手を伸ばした そしてまたスタートを切った 陽の当たる場所へ 弾け跳んだ光は 弧を描いて宙へ 真っ新なストーリー もう一度  繋ぐよ 繋いでみせる  La La La…  混ざり合えない色にさえ きっと意味があるんだ 完璧じゃないグラデーション それでもいいんだ  星は零れて 流星になり 足元を照らした それはきっと あなたがくれた希望だ  群青の月夜に優しく光る 灯りの名前は希望だ 私たちだけじゃ描けない  夢が 今がある  だから精一杯の声を この空に浮かべて あなたに届けたいよ 伝えに行くよ  まだ暗い夜空に、ひっそりと 輝く 私たちを 見つけてくれた始まりの場所 この羽根に虹が生まれた場所  精一杯叫んだ 精一杯声枯らした そしてやっと巡り合った 今は終わらない 輪を描いた光は 線になって宙を 白く白く 染め上げる  眩しさ越えたスケールで  さあ 七色を越えて 更に鮮やかに LAYERED WING LAYERED SONG まだ見ぬ誰も知らない ステージの上降り注いだ 光纏い 新しい希望になれ  だから精一杯の声で 最高の笑顔で 空を描いて行くよ ここで光るよ  今日までの軌跡、点と線が 描いた この景色は 何一つ当たり前じゃなくて だからこそ全てが愛しくて  精一杯夢見た 精一杯手を伸ばした そしてまたスタートを切った 陽の当たる場所へ 弾け跳んだ光は 弧を描いて宙へ 真っ新なストーリー もう一度  繋ぐよ 繋いでみせる  舞い上がれ 虹を越えてアンティーカ園田健太郎園田健太郎For LAYERED WING For LAYERED SONG  空に瞬くあの星が 名前を持つように 私たちのこの羽根にも 名前があった  一人一人が探し集めた 輝きを合わせて 明日を照らす 小さな光になった  ずっと待っていた重なる時を 信じて紡いだ言葉で 織り成す七つの願いを込めて  歌になれ  だから精一杯の声で 最高の笑顔で 空を描いて行くよ ここで光るよ  今日までの軌跡、点と線が 描いた この景色は 何一つ当たり前じゃなくて だからこそ全てが愛しくて  精一杯夢見た 精一杯手を伸ばした そしてまたスタートを切った 陽の当たる場所へ 弾け跳んだ光は 弧を描いて宙へ 真っ新なストーリー もう一度  繋ぐよ 繋いでみせる  La La La…  混ざり合えない色にさえ きっと意味があるんだ 完璧じゃないグラデーション それでもいいんだ  星は零れて 流星になり 足元を照らした それはきっと あなたがくれた希望だ  群青の月夜に優しく光る 灯りの名前は希望だ 私たちだけじゃ描けない  夢が 今がある  だから精一杯の声を この空に浮かべて あなたに届けたいよ 伝えに行くよ  まだ暗い夜空に、ひっそりと 輝く 私たちを 見つけてくれた始まりの場所 この羽根に虹が生まれた場所  精一杯叫んだ 精一杯声枯らした そしてやっと巡り合った 今は終わらない 輪を描いた光は 線になって宙を 白く白く 染め上げる  眩しさ越えたスケールで  さあ 七色を越えて 更に鮮やかに LAYERED WING LAYERED SONG まだ見ぬ誰も知らない ステージの上降り注いだ 光纏い 新しい希望になれ  だから精一杯の声で 最高の笑顔で 空を描いて行くよ ここで光るよ  今日までの軌跡、点と線が 描いた この景色は 何一つ当たり前じゃなくて だからこそ全てが愛しくて  精一杯夢見た 精一杯手を伸ばした そしてまたスタートを切った 陽の当たる場所へ 弾け跳んだ光は 弧を描いて宙へ 真っ新なストーリー もう一度  繋ぐよ 繋いでみせる  舞い上がれ 虹を越えて
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Hush-Hush
  2. トレインピース
  3. 島のブルース
  4. ファタール
  5. イーディ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. RISE UP
  2. Sharon
  3. 絶対アイドル辞めないで
  4. 伏線回収
  5. ブラックボックス

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×