ひまわり

この曲の表示回数 14,041
歌手:

山田晃士


作詞:

山田晃士


作曲:

山田晃士


ひまわりが揺れている
風もなく
何をも奪わずに抱いてくれ

お前を抱きしめた時
ひまわりの匂いがした
丘の上に微笑む
花の匂いがした

やわらかな陽射しの中
その腕に眠る午後は
正義という名の
仮面を脱ぎ捨てた

情けないくらいに
お前が愛しい
飾らないまぶしさで
俺を照らしておくれ

ひまわりが揺れている
風もなく
このまま傍にいてくれないか
ひまわりが揺れている
風もなく
何をも奪わずに抱いてくれ

安売りのやさしさを
あちらこちら散らかして
独り言の様な
ため息を落とす

気持ちは痛いほど
わかってるさ はじめから
だけど言葉が
ほしい夜もあるだろう

せつない程に
お前に会いたい
そのやさしい指先で
俺の目を伏せてくれ

ひまわりが揺れている
清らかに
このまま眠らせてくれないか
ひまわりが揺れている
清らかに
何をも奪わずに抱いてくれ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ひまわり 歌手:山田晃士

山田晃士の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-02-16
商品番号:VIDL-10492
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP