茫漠(ジプシーマン)

この曲の表示回数 4,057
歌手:

山田晃士


作詞:

山田晃士


作曲:

小原礼


丘の上 佇むジプシーマン
夏の夜 ちぎれた
夢のかけらを モザイクの空
つなぎ合わせてみる

女が現れて
彼の細い肩を抱き
「次は上手くゆくわ」と
その耳に口づける

やみくもに繰り返す
季節はただ過ぎゆく
太陽に奪われて
月の涙に溺れる

砂漠を旅する ジプシーマン
冬の朝 失くした
地図のきれはし 足跡さえも
風が消してしまう

女が現れて
銀のロープを手渡した
迷い始めた彼を
導くかの様に

やみくもに繰り返す
季節はただ過ぎゆく
太陽に晒されて
月の涙に凍える

西から東へ
雲は流れてゆく
こんなにも離れれば
全て美しい…

その日から女は
姿を消してしまった
愛していた事に
初めて気付いた

やみくもに繰り返す
季節はただ過ぎゆく
太陽に奪われて
月の涙に溺れる

やみくもに繰り返す
季節はただ過ぎゆく
太陽に晒されて
月の涙に凍える
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:茫漠(ジプシーマン) 歌手:山田晃士

山田晃士の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994/05/21
商品番号:VICL-521
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP