逃げ遅れたNightmare

この曲の表示回数 4,855
歌手:

尾崎亜美


作詞:

尾崎亜美


作曲:

尾崎亜美


雨上がりの街
すべるように歩こう
濡れた傘を畳んで
唇をついて
不意に Over The Rainbow
僕はどうかしてる
待ち焦がれてた Rainbow
越える勇気がない
夢の中にこびりついた
悲しい叫び声を忘れないだろう

どうしてあの時
シャボン玉をとばして
君は泣いてたんだろう
足音の消えた
冷たいドアの前で
僕も少し泣いた
君が越えてく Rainbow
苦い傷を抱き
夢でさえも言えなかった
言葉は砂の中に埋もれたままで

君は抜け出してく
Nightmare
確かな足取りで

僕だけ逃げ遅れて
Nightmare
雨上がりの街を行く
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:逃げ遅れたNightmare 歌手:尾崎亜美

尾崎亜美の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-03-26
商品番号:TOCT-9832
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP