キンモクセイ

KUMAMI

キンモクセイ

作詞:KUMAMI
作曲:KUMAMI
発売日:2008/02/06
この曲の表示回数:5,842回

キンモクセイ
君がもう 寒さを感じぬ様に このうでで包めば
こころを溶かす様な 熱い想いが孤独を癒す

君とただ 何気ない言葉交わして ヒコーキ雲を見た
校舎のすきまに射した オレンジ色の小さな未来

君が一人が嫌いな理由は 知ってるから
僕も一人が苦手で 口下手だけど今日は
陽が落ちるまで 一緒にいないか?

いつもほら 別に用もなく電話をかけてごめんね
時々、不安の芽が水を欲しがる時はいつまでも

「そばにいて」 帰りたくない気持ちを 言葉に出来ず
あなたの黒いコートのそでを少し強く引っ張った

私は逃げてばかりで 自分の気持ちも知れない
キンモクセイの香りが 冬を連れて来たなら
コートの中であたためて。

当たり前の事が…当たり前じゃなくなった時に
初めて気が付くんだ あなたとじゃなきゃダメだと

私は逃げてばかりで 自分の気持ちも知れない
キンモクセイの香りが 冬を連れて来たなら

コートの中であたためて。

中途半端な二人が 一つになれた時
気付いた あなたといれてよかった

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

リアルタイムランキング更新:PM 2:15

  1. うっせぇわ

    Ado

  2. Nobody Is Right

    中島みゆき

  3. 人知れずバトル

    SMAP

  4. Born To Be Wild

    JO1

  5. 夜に駆ける

    YOASOBI

MORE

歌ネットのアクセス数を元に作成