試聴する

世界の果てで

この曲の表示回数 13,558
歌手:

THE BACK HORN


作詞:

菅波栄純


作曲:

THE BACK HORN


時には何もかも陽射しのせいにして
深呼吸するのさ 今のらりくらり行こう

考え込む夜が下着を脱いだなら
全てがバカらしくなる 少し楽しくなる

いつか赤く光る月を掴みたくて
甘く濡れる風を滑り落ちる
今 終わらないメロディー

独りじゃ足りない宇宙で
壊れそうな想い抱いていても
恥らうあなたの好きという言葉が
美しいことを知ってほしい
抱きしめる 世界の果てで

僕らは優しさを覚えたその時に
大人になるのだろう でも悪いことじゃないさ

どうか人生なんかを語りはせずに
運命なんかと暮らさぬように
今 毎日を歌う

歩いてゆくのさ旅路を
少しくらい遠回りもいいさ
誰かの答えは何かが足りない
汗を掻きながら生きてゆくよ
真実は一つじゃないさ

重ね合わせてゆく 僕ら歩いてゆく

独りじゃ足りない宇宙で
壊れそうな想い抱いていても
恥らうあなたの好きという言葉が
美しいことを知ってほしい
抱きしめる 世界の果てで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:世界の果てで 歌手:THE BACK HORN

THE BACK HORNの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006/04/19
商品番号:VICL-61855
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP