試聴する

幾千光年の孤独

この曲の表示回数 45,779
歌手:

THE BACK HORN


作詞:

THE BACK HORN


作曲:

THE BACK HORN


天国に空席はない
鳥獣戯画の宴は続く
人類が平等だとか
愛してるとか
やらせろよ あばずれ
凍てつく真夏日に
襟を立て歩いてく
背中に焼けついた十字架

幾千光年の憂鬱が
降りそそぐ ビルの底
顔のないキリストが泣いてる
オルゴール 雨に唄えば最終のベル
羽根のない道化師
ガラスの子供達
星空も飛べた事
忘れてしまうだろう
いつしか幾千光年の孤独さえ
届かない 宇宙の果て
太陽のたてがみが揺れてる

モノクロームの世界に
朝日はもう昇らない
絵画に閉じ込めた向日葵
幾千光年の憂鬱が
降りそそぐ ビルの底
顔のない人々が泣いた
思いさえ届かぬ 宇宙の果て
太陽のたてがみが揺れてる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:幾千光年の孤独 歌手:THE BACK HORN

THE BACK HORNの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-08-24
商品番号:VICL-61744
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP