硝子のキッス

この曲の表示回数 13,332
歌手:

姫乃樹リカ


作詞:

松本隆


作曲:

和泉常寛


ガラス越しのkissみたい
こんな近くて遠いわ
ガラス越しのkissみたい
もどかしいほど好きなの

暮れなずむカフェの椅子に座って
あたたかいミルクを飲んだ
あなたは照れた顔で表の
黙りこんだ街をみてる

少しだけ勇気だせばあなたの
優しい手包めるのにね
友だち その見えない線から
はみだせずに生きてるだけ

好きだって口にだせば
ガラスの壁はこわれる
知ってるのに瞳(め)があうたび
視線を外らす二人ね

別れぎわ電車のドア閉じれば
淋しげに手を振るあなた
涙をためた顔の私が
窓の中に二重映し

好きだって言えないまま
いくつ季節が過ぎたの?
手をのばして触れたいのに
何かが邪魔をしてるの

背中合わせの時間が過ぎてく

ガラス越しのkissみたい
こんな近くて遠いわ
ガラス越しのkissみたい
もどかしいほど好きなの
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:硝子のキッス 歌手:姫乃樹リカ

姫乃樹リカの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006/03/01
商品番号:UPCY-6121
ユニバーサルJ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP