津軽情話

この曲の表示回数 21,070
歌手:

吉幾三


作詞:

吉幾三


作曲:

吉幾三


雪がパラパラ降る その夜は
故郷(くに)と地吹雪 三味の音
オヤジ唄った よされとあいや
夜汽車泣く音 津軽の情け
あいや よされ
嫁に行ったか あの娘はとっく
あいや よされ
風よ流すな 面影景色

雪が溶けてく 岩木の尾根に
春を知らせて 飛ぶ鳥と
婆さま聞かせた じょんがら節で
春を迎える 津軽の春を
十三(じゅうさん) 港
海の波さえ うたた寝してる
竜飛(たっぴ) 海峡
風よ流すな 津軽の風よ

雪が教えた 厳しさ寒さ
生きて行くゆえ 三味技と
ゴザに座って 弾いたと聞いた
凍え死ぬ様な 寒さの中で
津軽 情話
情なくして 津軽は住めぬ
夢が 明日(あした)
風よ流すな 情よ風よ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:津軽情話 歌手:吉幾三

吉幾三の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP