この曲の表示回数 7,910
歌手:

真木ことみ


作詞:

たきのえいじ


作曲:

猪俣公章


夢であなたの 手枕を
借りて眠った 春や秋
今じゃ笑って 云えるけど
ふたり隔てた 心の橋を
渡ることさえ出来もせず
泣いて焦がれた 五百日

二度も三度も あきらめて
添えて嬉しい はなれ茶屋
口に運んだ 熱燗が
女ごころを 又かり立てる
抱いてください おもいきり
今日の日付が 変わる間に

どうかあなたの 身の回り
世話を焼かせて この先も
燃えるくちびる この素肌
ふたり結んだ 心の橋を
越えりゃ向こうに 明日がある
連れて行ってよ 抱いたまま
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:橋 歌手:真木ことみ

真木ことみの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-07-07
商品番号:PCCA-00462
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP