試聴する

長い黄昏

この曲の表示回数 6,460
歌手:

鈴木雅之


作詞:

来生えつこ


作曲:

松尾清憲


どことなく君らしいね 黄昏の絵はがき
劇的な二人じゃなく 出会いから自然に過ぎた

物足りない なんて言った 贅沢 忘れてくれ

描かれた白いテラス 君はまだしばらく
そこにいて吐息だけが 耳元に届くようだね

充分だよ 惑わせてる この僕 いつになく

添えられた 言葉だけじゃ
わからないよ 今の君の気持ち
戻って おいで早く
終わりにする 長い黄昏も

旅に出る君の心 理解せずバカだね
空気ほど淡いけれど 心地よく寄り添えたのに

安心した 僕の油断 今なら 身にしみるよ

遠くない 月日なのに
せつなくて 恥ずかしいくらいさ
戻って おいで早く
男なんて 情けないほどさ

充分だよ 惑わせてる この僕 いつになく

テラスで 頬杖つく
黄昏の 君の姿見える
そこから 見える海は
恋も愛も 越えるほどかい
戻って おいで早く
思ったより 君は強かったね
戻って おいで早く
終わりにする 長い黄昏は
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:長い黄昏 歌手:鈴木雅之

鈴木雅之の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1990-10-21
商品番号:ESCB-1094
エピックレコードジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP