試聴する

もう一度一から出なおします

この曲の表示回数 35,234
歌手:

小林旭


作詞:

星野哲郎


作曲:

叶弦大


雨の長崎を あとにしたときは
夜の尾道で 降りるはずでした
あなたを奪った あのひとの
笑顔を見るのが つらいから
遠くで暮らすのよ
あき子はもう一度 一から出なおします

恋のくるしみを 逃れたいために
もえたふりをして 心汚したの
伊勢佐木あたりで 酔いしれて
あなたにもらった 首飾り
ちぎってなげすてて
あき子はもう一度 一から出なおします

舟で函館へ 着いたあの夜は
雪が降っていた 年の暮れでした
釧路の街まで 追いかけて
おまえをさがして いたんだと
口説いてもらえたら
あき子はもう一度 一から出なおします
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:もう一度一から出なおします 歌手:小林旭

小林旭の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-01-28
商品番号:MHCL-1473
Sony Music Direct(Japan)Inc.(SME)(M)

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP