裏町人生

この曲の表示回数 10,721
歌手:

氷川きよし


作詞:

島田馨也


作曲:

阿部武雄


暗い浮世の この裏町を
覗(のぞ)く冷たい こぼれ陽(び)よ
なまじかけるな 薄情け
夢も侘(わび)しい 夜の花

誰に踏まれて 咲こうと散ろと
要(い)らぬお世話さ 放(ほ)っときな
渡る世間を 舌打ちで
すねた妾(わたし)が なぜ悪い

やけにふかした 煙草のけむり
心うつろな おにあざみ
ままよ火の酒 あおろうと
夜の花なら くるい咲き

霧の深さに 隠れて泣いた
夢が一つの 想い出さ
泣いて泪が 枯れたなら
明日の光りを 胸に抱く
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:裏町人生 歌手:氷川きよし

氷川きよしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-06-28
商品番号:COCP-33858
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP