試聴する

フェスティバル

この曲の表示回数 8,828

俺がまだこんな頃はよ この辺りはなんもなくてよ
時々トラックが通ると しばらく砂けむり

太陽が照り 道を歩き めしを手に うちに帰る
夜はとても暗い 本当に暗い

今は夏が来るたびによ 人が遠くからじゃんじゃん来てよ
一日中ロックをよ 大きな音で

太陽を胸に 木に登り 月を背に 土に帰る
肉を食べ うたを読み 思い出したり 忘れたり

言う事なしの自由 ここだけの自由
みな口々に言う 抱きあいながら逃げながら

そのうち終わり みな帰る 石を手に うちに帰る
人は減り 砂けむり 花はまだ咲いている
太陽がてり 道を歩き 暗くなり うちに帰る
虫が今日も 土にかえる 色とりどり ほぼ緑
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:フェスティバル 歌手:奥田民生

奥田民生の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-10-06
商品番号:SECL-126
SME Records

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP