いのち坂

この曲の表示回数 6,845
歌手:

上杉香緒里


作詞:

松井由利夫


作曲:

水森英夫


一つ越えれば も一つ坂が
それを越えても また坂が
情け石ころ つまづいて
袖をしぼって 泣いた夜
だけどよかった あなたに逢えて
ついて行きます いのち坂

いつも見ていた 日暮れの坂に
夢の薄陽(うすび)が さしてきた
負けはしません 二人なら
息が切れたら 立ち止まる
二度と後(うしろ)は ふりむかないで
強く生きます いのち坂

尽くすよろこび 分け合う涙
これが女の たからもの
冬の木枯し 耐えしのび
いつか根付いた 花水木
のぼり着いたら まぶしい明日
きっと見えます いのち坂
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:いのち坂 歌手:上杉香緒里

上杉香緒里の新着情報

  • 暗夜の恋新着 / ♪お猪口を濡らした酒しずく
  • 風の酒新着 / ♪見えぬ相手に横風受けて
  • 鬼灯 / ♪夏の終わりの故郷の道で
  • 白い着物 / ♪女は生まれて死ぬまでに
  • 手鏡 / ♪ふたつに割れた手鏡に

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-01-26
商品番号:TECA-11663
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP