鳥の旅

この曲の表示回数 5,317
歌手:

武藤有砂


作詞:

武藤有砂


作曲:

武藤有砂


人の群れにまぎれ一人たちつくせば
今生きてることを鼓動だけが教える

小さな胸抱いてこうして歩き出したの
その向こうに何かを求めるから

群れからはぐれた鳥のように
行き場のないあたしがいて
それでも悪くはないと
今日も羽を休める

まわりのスピードに疲れうずくまれば
見慣れた夕焼けがそっと胸をなでる

誰も導いてくれない旅の行方
だから自分の時間で探し出すの

独りで生まれて独りで消えてくいつの日か
その儚い時間を抱いて今日も羽を休める

「見えないモノさえも見えるように変える力、どこかにある」と、鳥が唄う

求められること、求めること
繰り返してゆくだけで
あたためた想いは
いつも輝かせてくれる

独りで生まれて独りで消えてくいつの日か
その儚い時間を抱いて今日も羽を休める

群れからはぐれた鳥のように
行き場のないあたしがいて
それでも悪くはないと
今日も羽を休める
今日も羽を休める
今日も羽を休める・・・・・
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:鳥の旅 歌手:武藤有砂

武藤有砂の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP