ほんの短い夏

この曲の表示回数 19,411
歌手:

伊勢正三


作詞:

伊勢正三


作曲:

伊勢正三


都会に星屑を
ちりばめた
街の灯も
いつかはにじむ時を
恐れていたよ

今夜の「おやすみ」は
いつもとは違うみたい
君は振り向かずに
人波に消えてく

ほんの短い夏
ささいなこと
分かり合えなくて
こんなになるはずじゃ
ないのにどうして
いつものように
送ってとは言わないの

どこかに意地悪な
もう一人の
君がいて
ほんとの気持ちだけを
隠してしまうよ

最後の地下鉄が
街の下くぐり抜けて
君が僕の時計
遅らせたと知った

ほんの5分だけの
君の願い
ずっと気付かずに
君が言葉には
出来なっかたこと
僕は知らずに
季節は過ぎてゆくよ

ほんの短い夏
風を少し
冷たく感じた
こんなに好きなのは
分かってるくせに
いつものように
送ってとは言わないの

にじんだ夜を
ひとり抱きしめたままで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ほんの短い夏 歌手:伊勢正三

伊勢正三の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-06-18
商品番号:FLCF-30206
フォーライフ ミュージックエンタテイメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP