父娘草

この曲の表示回数 11,382
歌手:

森昌子


作詞:

山口あかり


作曲:

八角朋子・馬飼野俊一


あなたの背中の 揺り籠は
暖かかったわ 幼い日
夢をなくして 路地裏を
足を引きずり 帰るとき
なつかしかった お父さん
あなたのふところ 旅立って
わたしも十九に なりました
いばってみせても 淋しがり
花嫁姿に 泣くでしょうか

別れの朝は 停車場で
わざとはしゃいで 目をそらす
世間の風を 受け止めて
あなたがくれた 安らぎは
忘れはしない お父さん
あなたのふところ 旅立って
わたしも十九に なりました
母さん愛して てれている
あなたの笑顔が 浮かびます

お酒を飲めば 「枯れすすき」
しみじみ聞かせる しぶいのど
わたしが愛した 人のこと
分っていたよと うなずいて
遠い目をした お父さん
あなたのふところ旅立って
わたしも十九に なりました
言葉じゃないのね 父娘(おやこ)って
郷里(ふるさと)みたいに 偲びます
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:父娘草 歌手:森昌子

森昌子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1992-11-20
商品番号:PCCA-00413
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP