ジョンがくれたGUITAR

この曲の表示回数 9,504
歌手:

安全地帯


作詞:

松井五郎


作曲:

玉置浩二


そのGUITARは SHOW WINDOWに
なつかしく 眠ってた
まだ長い髪がなんだか
かっこよかった季節 瞳に浮かぶ

硝子に映る
僕は突然
18才の笑顔

そう ぶつかるものを
恐れもしない
心 持ってたんだ

汚れたシャツさえも
勲章だった
仲間と一緒に
覚えたてのコードで 夢を見た

あのGUITARが 僕にくれた
ときめきは どこだろう
もし いま手にいれられたら
なにが心を 変えてゆくのだろう

ふりむく街に
大人になった
彼女が微笑む

でも 僕はなぜだか
ここにいたくて
唇かみしめた

そして風のGAME
まにあいそうな
気がした途端に
消えてゆく幻に 飛びこんだ

このGUITARで 僕はいつも
愛ばかり 捜してく
だからしばらくは さみしさに
僕をしまってほしい

このGUITARは SHOW WINDOWに
いつまでも 眠ってる
あたたかい春の 陽ざしが
やさしくなるとき
かならず 僕は笑顔で 戻るから
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ジョンがくれたGUITAR 歌手:安全地帯

安全地帯の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-03-07
商品番号:UPCY-6336
ユニバーサル ミュージック

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP