ささくれ

この曲の表示回数 13,637
歌手:

KOTOKO


作詞:

KOTOKO


作曲:

KOTOKO


かなしいコトがあったの
とてもかなしいコトだよぉ
涙落ちるその手前で 立ち止まってしまった

不意打たれ微動だに出来ないまんま笑ってた
それはそれは見られない崩れきった笑顔で

もう何も見えないの
時は流れて
“君だけだよ”の言葉が
木枯らしに変わってゆく

あたしまだ大丈夫だよね?
あたしまだ必要だよね?
心がどんどんささくれてく
去年着た流行りの服が
部屋の隅すすけていくように
どうか捨てたりしないで…って笑ってる

かなしい夢を見たの
とてもかなしい夢だよぉ
枕が全部しぼんでしまうくらい泣いてた

もう誰も差し伸べることはなくても
ただ一人だけは変わらず 眼差しをくれるのなら

あたしまだ大丈夫だよね?
あたしまだ止まっちゃだめだね?
凍えそうな心痛むけど
十分と思える時まで
追いかけて 転がって 叫んで
今は木枯らしの中で 笑ってる

あたしまだ大丈夫だよね?
あたしまだ必要だよね?
心がどんどんささくれてく
去年着た流行りの服が
部屋の隅すすけていくように
どうか捨てたりしないで…って本当は
小さなささくれ痛くて 泣いていた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ささくれ 歌手:KOTOKO

KOTOKOの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-06-08
商品番号:GNCA-1051
ジェネオン エンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP