恋夜

この曲の表示回数 10,311
歌手:

フランク永井


作詞:

佐伯孝夫


作曲:

吉田正


(セリフ)
小さな酒場の帰りだった。
いつか寄せ合っていた
二人の肩に、夜霧が降っていた。
可愛かった、可愛かったんだ。
街角へきた。別れられなかった。はなせなかった。

たまらなくって いとしくて
何にも言わず 口づけた
可愛い唇に 残ってた
エンゼル・キッス 桃色の
ああ たった一度の 恋の夜

(セリフ)
あなたは泣いていた。
「ごめんよ」と云えば「いいの」と、
あなたは云ってくれた。

でも、「好きよ」とは
云ってくれなかった。

忘れられない いまもなお
あなたの甘い 唇が
薄紫に 霧ふれど
さよならさえも 言わないで
ああ どこへ消えたか 恋の鳥

恋に悲しく 身をまかせ
流され泣いて 街ゆけど
酒場のドアはひらくのに
エンゼル・キッス あの女
ああ たった一度の 恋の夜
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:恋夜 歌手:フランク永井

フランク永井の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-11-06
商品番号:VICL-41035
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP