たそがれシャンソン

この曲の表示回数 1,301
歌手:

フランク永井


作詞:

宮川哲夫


作曲:

吉田正


銀杏並木に ヴェールをかけて
街にあかりを つけてゆく
たそがれさん たそがれさん
お前さんだネ たそがれさん
いつも今頃 やって来て
俺を寂しく させるのは

いつか通った 横丁の窓で
可愛い娘が 泣いていた
たそがれさん たそがれさん
あれもそうだろ たそがれさん
長い睫毛に 一しずく
何か落として いっただろ

今日もこの角 曲って見よか
廻り道だが まアよかろ
たそがれさん たそがれさん
ついておいでよ たそがれさん
どうせとっぷり 暮れるには
すこしばっかり 間があるさ

何故と聞かれちゃ 云えないけれど
俺はあんたが 好きなんだ
たそがれさん たそがれさん
いいじゃないかえ たそがれさん
若いうちだよ 泣けるのも
もっとホロリと させとくれ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:たそがれシャンソン 歌手:フランク永井

フランク永井の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-11-06
商品番号:VICL-41035
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP