蛍草(つゆくさ)の夜

この曲の表示回数 8,450
歌手:

元ちとせ


作詞:

HUSSY_R


作曲:

間宮工


月の畦道を走りぬけて
もいちど河原をめざす

虫かごの中 ホタルたちを
しばらくひとり見ていた
会いたいよと鳴くその代わり
儚いけれど光るもの
開け放つ扉から
いくつも
群青の空に舞う
蛍草照らして

あなたの不在に慣れてゆくよ
それでも夏は在るよ
あの涙が今のわたし
この場所まで連れてきた
悲しみを少しずつ
ほどいて
遠くまで飛んでゆけ
蛍草の夜に

開け放つ扉から
いくつも
群青の空に舞う
蛍草照らして

悲しみを少しずつ
ほどいて
遠くまで飛んでゆけ
蛍草の夜に

開け放つ扉から
いくつも
群青の空に舞う
蛍草照らして
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:蛍草(つゆくさ)の夜 歌手:元ちとせ

元ちとせの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-05-10
商品番号:ESCL-2830
エピックレコードジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP