津和野ひとり

この曲の表示回数 18,662
歌手:

森昌子


作詞:

山上路夫


作曲:

新井利昌


恋した娘は なぜだか知らず
ひとりで旅に 出かけます
私も同じ 雑誌に出てた
津和野の街へ 来たところ
あああ――
城下町を 歩いていても
小さな宿屋に 泊っていても
想うはあなたの ことばかり
今度帰るまで 心に決めます
あの胸にとびこめる 私になってます

好きならどうして 逃げたりすると
あなたに言われ 泣きました
意気地がないの ゆれてる想い
今度の旅で 直します
あああ――
古い街の このたたずまい
白壁うつした せせらぎさえも
あなたと二人で みたかった
今度帰るまで 心に決めます
あの胸にとびこめる 私になってます

今度帰るまで 心に決めます
あの胸にとびこめる 私になってます
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:津和野ひとり 歌手:森昌子

森昌子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-11-19
商品番号:PCCA-00510
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP