荒野に針路を取れ

NARA:奈良美智との旅の記録 エンディング

この曲の表示回数 10,537
歌手:

eastern youth


作詞:

吉野寿


作曲:

吉野寿


生れて来た意味は知る由も無いが
此処に立って「今」を見据えている
それは傷つき疲れ果ててはいるが
走り出す姿勢を保っている

見渡す限り、青空
旅立つには良い日和だ
水たまりに映る街が
心の風景によく似ていた

「夜が明ける前に覚悟を決めろ」
幾千夜、それを唱えたか
迫りくる闇の中にこそ
探していたものがある筈だ

身を乗り出して手を振って
サヨナラを繰り返して
人々の旅は続く
境界線を飛び越して
嵐の荒野に踏み出して
人々の旅は続く

明日に何があるか知る由も無いが
生きている「今日」を見据えている
悲しみは不意に溢れて来るけれど
溺れてちゃ走れないんだ

頭の上から嵐が吹いて
涙代わりの歌を歌って
人々の旅は続く
歩幅をちょっと広く取って
目を開いて、風を切って
人々の旅は続く
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:荒野に針路を取れ 歌手:eastern youth

eastern youthの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006/03/08
商品番号:KICS-1234
キングレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP