まほうのことば

映秀。

まほうのことば

作詞:映秀。
作曲:映秀。
発売日:2024/06/12
この曲の表示回数:2,835回

まほうのことば
ひとりぼっちでさみしかった
みんなはさきにかえっちゃった
ぱぱとままもいそがしいから
きょうはこおえんでなきました

どうしてこんな端っこで
ひとり泣いているの?
声をかけたのはきっと
いつかの僕と重なったから

たしかあれは雨に
埋もれていた帰り道
濡れながら歩く僕に
これをどうぞと傘の影

あんまり覚えてないけど
その時僕にひとこと
優しい声で魔法をかけてくれた

雨が降れば傘がいる
泣いてる子には夢がいる
声も出ない夜がある
そんな時には愛がいる
いつかもらったものを貴方にあげる

胸に手を当てると
あの声が聞こえる
かけてくれた優しさに
いつかは僕もと夢を見る

何にもできないけれど
何かしたいんだ自分も
今度は僕が魔法をかけてあげる

明日のことはわからないけど
陽が落ちれば月が出る
どんなことが起きようと
君のそばに光あれ

雨が降れば傘がいる
泣いてる子には夢がいる
声も出ない夜がある
そんな時には愛がいる
いつかもらったものを貴方にあげる
あの日の誰かもきっと同じように
照らし照らされながら紡いだ光
永遠に続いて行け“まほうのことば”

あの日誰かが言ってくれたこと
僕は貴方に伝えるから
つらい時には思い出して
「きっと君ならば大丈夫」

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:お名前(ペンネーム可)必須
性別:
  任意
年齢:
 歳 任意
投稿フレーズ:必須
曲名:必須
歌手名:必須
コメント:必須
歌ネットに一言あれば:任意

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

×