木の字鴉

この曲の表示回数 13,836
歌手:

千葉一夫


作詞:

松井由利夫


作曲:

弦哲也


生まれ木更津 浜風夜風(はまかぜよかぜ)
遠くなるほど 恋しいものよ
まして長脇差(ながどす) 三度笠(さんどがさ)
寄る辺なければ 宛もない
おっと弱音は 柄じゃない
木の字鴉(じがらす)の木の字鴉の流れ旅

知らぬ他国で 袖すり合った
むすめ鳥追い 下総訛(しもふさなま)り
銚子はずれと 酒落てたが
潮の香りの ひと節が
おっと沁(し)みるぜ 泣かせるぜ
木の字鴉の 木の字鴉の一人旅
          
富士のお山が 遠くに霞む
なぜかおふくろ 重なる姿
ちょいとつまんだ びわの実を
噛めば草鞋(わらじ)の 緒が痛む
おっと止(よ)しなよ 里ごころ
木の字鴉の 木の字鴉の侠旅(おとこたび)
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:木の字鴉 歌手:千葉一夫

千葉一夫の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005/10/05
商品番号:KICX-3317
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP