一葉記

この曲の表示回数 12,423
歌手:

松山恵子


作詞:

松井由利夫


作曲:

水森英夫


想い寄せても 言葉に出せぬ
出せぬ言葉を 綴る文字
現世(うきよ)にごり絵 心の筆に
涙にじませ 紅をさす
恋の陽だまり 切り通し

明治は遠く なりにけり
大正も…… そして昭和も

人の真実と 釣瓶の井戸は
汲めば汲むほど 底知れず
帯の結び目 鏡に映し
女らしさを とり戻す
花のあの頃 たけくらべ

夢の不忍 あの夜かぎり
捨てて流した 一葉舟(ひとはぶね)
逢えば泣きたい 縋りもしたい
揺れてこぼれる 萩の露
月も入谷の 十三夜
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:一葉記 歌手:松山恵子

松山恵子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004/07/28
商品番号:TOCT-4742
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP